「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

目指せメダル!平昌五輪カーリング女子日本代表チームの選手たち

2018 2/13 17:55hiiragi
カーリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

中学生の時から活躍、繊細なショットが得意なリード吉田夕梨花選手

リードの吉田夕梨花選手は、1993年生まれ、身長152cm北海道北見市常呂町(ところちょう)出身。常呂町は、日本で初めて屋内専用カーリングホールが作られるほど、カーリングが盛んな町である。

吉田選手も早くからカーリングを始め、中学生の時には姉である吉田知那美選手(LS北見)、鈴木夕湖選手(LS北見)、後にソチオリンピック代表になる小野寺佳歩選手と2007年第24回日本カーリング選手権に出場。3位に入る活躍を見せた。
LS北見には2010年、高校2年生の時に創設メンバーとして加入。2015年パシフィック・アジア選手権、2016年世界選手権などに出場した。繊細なショットを得意としている。

力強いスイープが持ち味、セカンドの鈴木夕湖選手

セカンドの鈴木夕湖(ゆうみ)選手は1991年生まれ、身長145cm北海道北見市常呂町出身。カーリングの聖地とも言われる常呂町で早くからカーリングに親しみ、常呂中学校では、現在もLS北見でチームメイトの吉田知那美、夕梨花の姉妹などとチームを組み、日本カーリング選手権で3位に入った実績もある。

2010年旭川工業高等専門学校時代にLS北見に創設メンバーとして加入した。2016年はリザーブに回る試合も多かったが、2017年9月の平昌オリンピック日本代表決定戦では、セカンドとして的確な判断力で勝利に貢献した。小柄ながら、力強いスイープが持ち味だ。

おすすめの記事