「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

カヌー競技の“スラローム”を詳しくご紹介

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mitch Gunn / Shutterstock.com

羽根田卓也選手が、日本人としてだけではなく、アジア人としても初めてメダルを獲得した“カヌー”。 このリオデジャネイロオリンピックでの活躍をきっかけに、“カヌー”の知名度が一気に高まりました。 そこで、カヌー競技の中でも“スラローム”に焦点を絞ってご紹介していきます。

まずはざっくりとカヌーの歴史をご紹介

カヌーの“スラローム”をご紹介する前に、ざっくりと歴史をご紹介いたします。カヌーの起源は特定されていませんが、古くは約6000年前に造られたカヌーが発見されています。 最初は生活の道具として使用されており、世界中にさまざまなカヌーが存在しています。その後、スポーツとして発展し、1936年からオリンピックの正式競技にも採用されました。 一般的に手こぎボートが“カヌー”として定義されています。また、カヌーはスポーツとしてだけではなく、レジャーとしても親しまれています。

「カヤック」と「カナディアン」にわかれる“カヌー”の種類とは

カヌーには「カヤック」と「カナディアン」の2種類があります。 「カヤック」は、北方のイヌイットが狩りをする目的で作った船で、乗り方は進行方向に向かって座ります。ブレードが両端についたパドルで左右交互に水をかき、足で舵を操作して進みます。一方の「カナディアン」は、カナダの原住民たちが木をくり抜いて作った船が原点で、立膝の姿勢で乗り込みます。ブレードが片側のみについたパドルを使用し、方向を操作しながら進みます。 スラローム競技でも、この2つのタイプで競技が分かれています。

おすすめの記事