「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピックでも注目!涼しげなのに白熱するカヌースプリント

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint / Shutterstock.com

水上のレース、カヌースプリントは、わかりやすいルールで行われ、涼しげな水辺で白熱した試合が楽しめる競技です。 陸上競技の短距離走のようなスピード感、ペアやフォアでの息の合った姿など、多様な楽しみ方があるカヌースプリントをご紹介します。

カヌースプリントとは

カヌースプリントは、水泳のようにブイでレーン分けされた静水面の水路の中央を漕ぎ、200m、500m、1000mの距離それぞれでタイムを競う競技です。船首がフィニッシュラインを通過した時点でゴールとなります。レーンからはみ出したり、転覆したりすると失格となってしまいます。艇やバドルが壊れてゴールできない場合も失格です。
1人乗り、2人乗り、4人乗り、リレーと、それぞれ男女でタイムを競います。膝をかけて座り、両端に水掻きのついたバドルで漕ぐ「カヤックカヌー」と、片膝を立てて乗り、片側に水掻きのついたバドルで漕ぐ「カナディアンカヌー」があります。また、1人ずつスタートして急流を下っていくものは、スラロームと呼ばれています。

カヌーの歴史

カヌーは、6000年以上前から使われていた痕跡が発見されているほど歴史の長い乗り物で、19世紀中頃のイギリスで、スポーツ競技として誕生しました。
1865年にスコットランドの弁護士J.マグレガーが自作のカヌーでヨーロッパの沿岸やスエズ運河を漕いで旅したことによって盛んになり、1866年にイギリスのテムズ川で初のレースが行われました。1924年には国際カヌー連盟が設立されています。
1936年のベルリンオリンピックで正式競技となり、1948年のロンドンオリンピックでは女子種目も追加されました。ヨーロッパに強豪国が多く、中でもドイツが圧倒的な強さを誇っています。ヨーロッパ以外の国では、カナダや中国も良い成績を残しています。

おすすめの記事