「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

キックボクシングと総合格闘技が対決したらどっちが強いの?

2017 7/10 10:01WALKINGMAN
MMA(総合格闘技)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Rommel Canlas/Shutterstock.com

日本でもなじみのあるK-1などの団体が有名な「キックボクシング」と、大晦日に放送されたRIZINなどの「総合格闘技」がもし対決したら、どちらが強いのでしょうか? そこで、競技の違いや、過去の対戦、もし有名選手同士が対戦したらどちらが勝つのかをシミュレーションしてみました!

キックボクシングと総合格闘技の競技の違いとは?

キックボクシングと総合格闘技を比較すると言っても、それぞれルールの違いがあります。
キックボクシングは、パンチ、キックを使って戦う打撃のみのルールが基本で、団体によっては膝、肘が使えるルールもあります。タイのムエタイに対抗して考えられた日本発祥の競技で、投げ技、立った状態で関節技が使えるシュートボクシングという団体もあります。
総合格闘技(MMA)は、立ちながら、寝ながらのパンチ、キック、膝、肘、関節技が使えます。こちらも、団体によっては肘が禁止されたり寝ながらの膝が禁止されたりしています。戦いの場も金網とリングの違いがあります。比較すると関節技の有無が大きな違いになりそうですね!

総合格闘技で活躍するキックボクシング出身の選手

実は、既に総合格闘技の競技に参加して活躍したキックボクシング出身の選手がいます。中でも日本で一番知られているのが、PRIDE、UFC、RIZINなどの団体で大活躍したミルコ・クロコップ選手です。ミルコ選手は、PRIDE、RIZINの無差別級グランプリを制覇しています。
また、キックボクシングで8年間無敗と無敵を誇っていたモーリス・スミス選手は、黎明期のUFCの大会に参加して、UFCヘビー級王座の獲得にも成功しています。最近では、元K-1MAX王者であるアンディ・サワー選手がRIZINに参戦しています。
総合格闘技の大会によっては、1ラウンドが立ち技のみ、2ラウンド目がMMAルールと、交互にルールが変わるMIXルールで行われたりもしています。

おすすめの記事