「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

総合格闘技とボクシングがもし対決したらどっちが強いの?

2017 7/10 10:01WALKINGMAN
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by LuckyImages/Shutterstock.com

RIZINなどの大会が有名な「総合格闘技」と世界的な人気競技の「ボクシング」がもし対戦したら、どちらが強いのでしょうか? そこで、競技の違いやそれぞれの競技の有名選手、過去の対戦、もし有名選手同士が対戦したらどちらが勝つのかをシミュレーションしてみました!

総合格闘技とボクシングの競技の違いとは?

総合格闘技は、立ちながら、寝ながらのパンチ、キック、膝、肘、関節技が使える競技で、MMAとも呼ばれています。何でもありというイメージから、最強を決めるにふさわしい競技のひとつではないでしょうか。団体によっては、肘が禁止されていたり、寝ながらの膝が禁止されていたりします。戦いの場も金網とリングの違いがあります。
ボクシングは、パンチのみの打撃で戦います。見る者にとってわかりやすく、世界的に人気がある競技です。
対決する際にどちらのルールで行うかが勝敗の行方を占うポイントになりそうです。

それぞれの競技の最強選手は誰?

総合格闘技は、体重別によって何階級かありますが、軽中量級ではUFCのコナー・マクレガー選手が有名です。パンチのスキルが高く、UFC史上初のフェザー級、ライト級の2冠王に輝きました。日本のPRIDEなどで活躍したヘビー級のエメリヤーエンコ・ヒョードル選手も、全盛期は人類最強と言われていました。
ボクシングは、団体や階級が多いため、最強を決めるのは難しいですが、既に引退を表明しているフロイド・メイウェザー・ジュニア選手は史上初の5階級制覇を達成し、無敗で終えていることから、最強を意味するパウンド・フォー・パウンドNo.1と呼び声が高いです。全盛期のインパクトを考えるとマイク・タイソン選手も候補の1人でしょう。

おすすめの記事