「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界の英雄・八重樫東の功績をチェックしよう!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: takushoku-alumni.jp

世界チャンピオンを続々と輩出し、日本ボクシング界は過去に例を見ないほど「最盛期」を迎えている。 日本ボクシング界が誇る期待の星である八重樫東が残してきた功績にスポットを当てる。

【八重樫東の功績1】アマチュア戦績56勝の猛者がプロ入り

1983年に岩手県北上市で生まれた八重樫東。黒沢尻工業高校でボクシング部に入部し、高校2年時にインターハイ・モスキート級で優勝を経験。その後、ボクシングの名門である拓殖大学に進学すると国体ライトフライ級で優勝を果たす。
アマチュアでの通算戦績は70戦56勝(15KO)、立派な実績を持って大学を卒業した後、2005年に大橋ボクシングジムに入門。プロテストにも合格し、過去にも世界チャンプを輩出してきた猛者が集うジムでプロボクサーとしてのキャリアをスタートさせた。

【八重樫東の功績2】2度目の世界挑戦で掴んだ世界王者の称号

プロデビューから7戦目で初めて世界挑戦のチャンスをつかんだ八重樫東。対するはWBC世界ミニマム級王者のイーグル京和。上々の立ち上がりを見せるも、2ラウンドに受けたバッティングから顎を2箇所骨折してしまい、0-3の判定負けを喫してしまう。
1年近くのブランクを経て復帰した後は、ノンタイトルマッチを経て日本ミニマム級王座を獲得。その後3度の防衛を経た2011年10月、再び世界王座に挑戦する舞台に上がることになった。対するはWBA世界ミニマム級王者のポンサワン・ポープラムック(タイ)。
序盤から果敢に攻めていく八重樫に、タフネスが売りの王者も後退を繰り返し、八重樫優位のままで迎えた10ラウンドに勝負を決めるパンチを放ちTKO勝ち。イーグル共和戦から4年の月日を経て世界チャンピオンに登りつめた。

おすすめの記事