「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界の英雄・内山高志の功績をチェック!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: https://www.projectdesign.jp/

これまで数多くの世界チャンピオンを輩出してきた日本ボクシング界。その中でも歴代KO率ナンバーワンで、「ノックアウトダイナマイト」との異名を持つ内山高志の功績に迫る。

【内山高志の功績1】社会人ボクサーとして国体3連覇

長崎県で生まれ埼玉県で育った内山高志。ボクシングとの出会いは高校生の頃。辰吉丈一郎に憧れ、花咲徳栄高校に進学してボクシングに入部したことがきっかけだった。ゼロからのスタートながら持ち前の運動神経でめきめきと実力をつけ、高校3年生で初めてインターハイに出場。ベスト8進出という成績を残す。
ボクシングの名門・拓殖大学を経て、一般企業で働きながらアマチュアの大会に出場する社会人ボクサーとして活動。国体優勝や全日本選手権3連覇など、向かう所敵なしの成績を収めるも、目標としてきたアテネオリンピック出場を逃してしまう。一度は引退を決意するが、周囲の説得もありプロ転向を決意する。

【内山高志の功績2】14戦無敗で世界の頂点に

アマチュアでの十分な実績を引きさげて、2005年7月にプロデビュー。6回戦に出場して1ラウンドTKO勝ち、プロキャリアの第一歩を見事白星で飾る。その後も勝ち星を積み重ね、2007年9月にプロ8戦目でOPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座決定戦に挑戦。ナデル・フセイン(オーストラリア)を下し同級王座に輝くと、2年間で合わせて5度の王座防衛を果たす。
満を持して世界王座への挑戦を決め、2010年1月にWBA世界スーパーフェザー級王者であるファン・カルロス・サルガド(メキシコ)と対戦。序盤からジャブを中心とした攻撃でボディを攻め、中盤までに試合のペースを完全に掌握すると、最終ラウンドにダウンを2度奪ってKO勝ち。デビューから14戦無敗で世界の頂点に立った。

おすすめの記事