「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界の新星・田中恒成の功績をチェックしよう!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: https://takushoku-alumni.jp/

平成生まれのプロボクサー・田中恒成。 これからの日本ボクシング界を背負うと期待される若手の星の功績を振り返る。

【田中恒成の功績1】ジムと自宅2階で父と練習に明け暮れた少年期

1995年、岐阜県多治見市で生まれた田中恒成。幼い頃から空手に打ち込んでいた彼のボクシングとの出会いは小学5年生の頃。空手の打撃強化につながればという目的で、お兄さんと一緒に地元のボクシングジムに通い始めた。
武道に精通していたお父さんの協力もあり、自宅2階は兄弟2人にとっての練習場に変身。サンドバックを設置したり、一緒にビデオを使ってフォームチェックをしたりしていくうちに、恒成自身も徐々にボクシングにのめり込んでいく。

【田中恒成の功績2】高校4冠を達成

ジムのトレーナーとなった父と二人三脚で実力を積み上げてきたが、高校は中京高校に進学。かつてOPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者に輝いた石原英康が監督を務めるボクシング部に入部する。お父さんと石原氏は旧知の仲で、3年間みっちりとトレーニングを重ねられる環境があった。
田中恒成本人の実力は入学当初から折り紙つきで、1年生にして国体優勝、2年時はインターハイ・国体・選抜の主要3大会すべてで優勝を飾る。

おすすめの記事