「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界の英雄・山中慎介の功績をチェックしよう!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://sportiva-new.mediagalaxy.ne.jp/

世界チャンピオンを続々と輩出し、日本ボクシング界は過去に例を見ないほど「最盛期」を迎えている。 必殺「神の左」を武器に、今も勝利を重ね続けるボクサー、山中慎介にスポットを当てる。

【山中慎介の功績1】大学までアマチュアの有望選手として実績を重ねる

滋賀県湖南市で生まれ育った山中慎介。ボクシングと出会ったのは意外と遅く、高校生の頃だった。辰吉丈一郎に憧れて南京都高校ボクシング部に入部。小中と野球をやっていたが、持ち前のアスリートとしてのセンスのおかげで、めきめきと実力をつけていき、あっという間に全国レベルの選手に成長。インターハイでは後にWBA世界スーパーバンタム級王者となる粟生隆寛を下して優勝を飾る。
その後、アマチュア界の名門・専修大学に進学してボクシングを続ける。ターニングポイントとなったのは、主将として挑んだ大学4年時の国体での敗戦。不本意な出来に終わったことをきっかけにプロ入りを決意する。

【山中慎介の功績2】帝拳ジム入門から世界王座獲得までの道のり

大学卒業後に名門・帝拳ジムの門を叩いた山中慎介。2006年に早速プロデビュー戦に臨み白星を飾ると、その後2つの引き分けを挟んで11連勝と順調な滑り出しを見せる。2010年6月に日本バンタム級王座に挑戦、7回TKOで安田幹男を下し見事日本一に輝いた。
世界王座への挑戦はその翌年11月、空位となっていたWBC世界バンタム級王座決定戦に挑む。同級2位のクリスチャン・エスキベル(メキシコ)を相手に壮絶な打ち合いを繰り広げ、終盤11ラウンドにTKOを奪って念願のチャンピオンベルトを獲得した。プロデビューから負け知らずのまま世界の頂点にたどり着いたのだった。

おすすめの記事