「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「孤高のボクサー」鬼塚勝也の功績をチェックしよう!

2017 1/30 21:11
ボクシンググローブ@Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Blue Planet Studio/Shutterstock.com

日本ボクシング界で1980年代後半から90年代にかけて活躍した鬼塚勝也はキラリと光る存在感を放った。 ぶっきらぼうでストイックな姿勢から「孤高のボクサー」とも呼ばれた鬼塚勝也の功績に迫る。

【鬼塚勝也の功績1】福岡と東京を行き来したアマチュア生活

福岡県北九州市で生まれ育った鬼塚勝也。もともと喘息持ちで体が強くなかった鬼塚少年がボクシングと出会ったのは中学生の頃。「強さへの憧れ」を追求すべく地元のボクシングジムに通い出した。

高校は豊国学園に進み、ボクシング部に入部。高校2年の夏のインターハイ、ライトフライ級で日本一に輝く。さらなる高みを目指した彼は、春休みに単身で上京。都内のボクシングジムを渡り歩き、経験を積むためにスパーリングを繰り返していく。部活がオフの日には他校の練習に混ぜてもらうほどストイックにボクシングに打ち込み、高校3年のときにプロテストに見事合格した。卒業式を終えると協栄ジムから即プロデビューを果たす。

【鬼塚勝也の功績2】デビュー18戦無敗で世界の舞台へ

1988年のプロデビュー戦から3試合連続で1ラウンドKO勝ちを収めた鬼塚。1989年には新人王に輝き、翌年には世界ランク入りを果たす。1990年10月には当時の日本スーパーフライ級チャンピオン・中島俊一と対戦。挑戦者らしからぬ戦いぶりで10ラウンドTKO勝ちし、日本タイトルを獲得した。

デビューから日本の頂点まで14連勝、うち判定勝ちはわずか1試合という無敗レコード。そこからさらに4つの勝ち星を重ねて、18連勝の勢いをかって世界王座をかけた戦いに挑むことになった。

おすすめの記事