「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界の英雄、西岡利晃の功績をチェックしよう!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: https://sportiva.shueisha.co.jp/

世界チャンピオンを多く輩出し、過去に例を見ないほどの「最盛期」を迎えている日本ボクシング界。 今をときめく現役のボクサーが憧れていた往年の名ボクサー達の中から、スピードキングと呼ばれた西岡利晃の功績を紹介する。

【西岡利晃の功績1】プロデビューまでの道のり

兵庫県加古川市で生まれ育った西岡利晃。ボクシングとの出会いは小学5年生の頃だった。地元のJM加古川ジムの門を叩き、ボクサーとしての階段を登り始める。中学3年生の時に初めてアマチュアの試合に出場して勝利を収めるも、西岡本人としてはアマチュアのルールに慣れることができず、プロ志向をはっきりと示していた。
そこからプロデビューを意識したトレーニングを重ね、見事プロテスト合格を勝ち取る。プロデビュー戦を迎えたのは1994年12月、当時まだ高校3年生だった。この試合では見事に初回KO勝ちを収め、プロボクサーとして完璧な第一歩を踏み出した。

【西岡利晃の功績2】日本王座を獲得

順調な道のりかと思われたが、早速プロデビュー2戦目で黒星を喫し、新人王タイトル戦でも勝てずじまい。西岡本人にとっても苦しいキャリアスタートとなった。しかし、その後はフィリピン人選手を中心とした対戦を経て、ボクサーとしての闘う意識を呼び覚まし、自力をつけながら勝ち星を重ねていく。
日本王座を獲得したのは1998年12月。プロ19戦目で、空位となっていた日本バンタム級王座を巡って渡辺純一(楠三好)と対戦し、2回KOで初タイトルを獲得した。続く2度の防衛戦で自信を深めた西岡は、このタイトルを返上。闘う舞台を世界へと移していく。

おすすめの記事