「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界の英雄、西岡利晃の功績をチェックしよう!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: https://sportiva.shueisha.co.jp/

世界チャンピオンを多く輩出し、過去に例を見ないほどの「最盛期」を迎えている日本ボクシング界。 今をときめく現役のボクサーが憧れていた往年の名ボクサー達の中から、スピードキングと呼ばれた西岡利晃の功績を紹介する。

【西岡利晃の功績1】プロデビューまでの道のり

兵庫県加古川市で生まれ育った西岡利晃。ボクシングとの出会いは小学5年生の頃だった。地元のJM加古川ジムの門を叩き、ボクサーとしての階段を登り始める。中学3年生の時に初めてアマチュアの試合に出場して勝利を収めるも、西岡本人としてはアマチュアのルールに慣れることができず、プロ志向をはっきりと示していた。
そこからプロデビューを意識したトレーニングを重ね、見事プロテスト合格を勝ち取る。プロデビュー戦を迎えたのは1994年12月、当時まだ高校3年生だった。この試合では見事に初回KO勝ちを収め、プロボクサーとして完璧な第一歩を踏み出した。

【西岡利晃の功績2】日本王座を獲得

順調な道のりかと思われたが、早速プロデビュー2戦目で黒星を喫し、新人王タイトル戦でも勝てずじまい。西岡本人にとっても苦しいキャリアスタートとなった。しかし、その後はフィリピン人選手を中心とした対戦を経て、ボクサーとしての闘う意識を呼び覚まし、自力をつけながら勝ち星を重ねていく。
日本王座を獲得したのは1998年12月。プロ19戦目で、空位となっていた日本バンタム級王座を巡って渡辺純一(楠三好)と対戦し、2回KOで初タイトルを獲得した。続く2度の防衛戦で自信を深めた西岡は、このタイトルを返上。闘う舞台を世界へと移していく。

【西岡利晃の功績3】絶対王者・ウィラポンと4度の対戦

日本人らしからぬ世界に通じるずば抜けたスピードを持つことから、「スピードキング」の異名をとった西岡利晃。2000年6月、プロ24戦目で世界王座に初挑戦する。この挑戦を受けたのが当時のバンタム級絶対王者であるウィラポン・ナコンルアンプロモーション。拮抗した戦いを続けるが、判定負けで世界初挑戦は失敗に終わる。
この翌日、リベンジを期すべく帝拳ジムへと移籍を表明、環境を変えて再挑戦を目指した。2度目の挑戦は2001年、フルラウンドを戦い抜きウィラポンを追い詰めるものの引き分け。2003年の3度目の対戦も引き分けという結果に。2004年の4度目の対戦では3ラウンドに負った流血が尾を引き、判定負けとなった。

【西岡利晃の功績4】スーパーバンタム級で世界王者に

ウィラポンと4度の対戦をもってして王座を奪えなかった西岡は、スーパーバンタム級に階級を上げることを決断。同階級で8連勝を飾り、2008年、ナパーポン・ギャットティサックチョークチャイ(タイ)とWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦を戦う。
この試合ではKOこそ奪えなかったものの、終始西岡ペースで試合が進み、ジャッジで大差をつけて判定勝ち。プロ39戦目、5度目の世界挑戦でようやく王座を獲得することに成功したのだ。2001年の年末のトレーニング中にアキレス腱断裂の大けがを負い、スピードが思うように出せなくなっており「スピードキングは終わった」と口にするファンもいたが、長い道のりを経て見事世界の頂点に立った。

【西岡利晃の功績5】3年間で7度の王座防衛に成功

翌年国内での初防衛に成功すると、2度目の防衛戦として、WBCスーパーバンタム級2位のジョニー・ゴンザレス(メキシコ)との対戦が決定。しかも敵地での指名試合、西岡が勝つシナリオなど想像すらできない中で試合開始のゴングが鳴るが、西岡は初回にダウンを奪うと3ラウンドに左ストレート一閃で2度目のダウンを奪いそのままTKO勝ち。敵地で王座防衛を決めただけではなく、「モンスターレフト」と称されたノックアウトパンチは世界に広まり、西岡利晃への注目度が急上昇する。
その後、勢いに乗ったまま国内で4度の防衛を重ねた西岡は、2011年に7度目の防衛戦に臨む。舞台は聖地アメリカ・ラスベガス、日本人ボクサーとして初めてメインイベントを戦うことに。2階級王者であったラファエル・マルケス(メキシコ)と対戦し、見事判定勝ちを収めて7度目の王座防衛に成功した。

まとめ

国外で2度のタイトル防衛に成功したのは日本人でただ一人。その後引退をかけた8度目の防衛戦で敗れ引退するが、日本人初となるWBC名誉王者に輝いたほか、2010年・2011年の日本ボクシングコミッション年間最優秀選手にも選ばれた。 現在は解説業の傍らで、自ら老若男女が楽しめるボクシングジムを開いている。 天才ではなく苦労人ながら、世界に残したインパクトがとても大きかった西岡利晃。ビデオで振り返ってみても熱くなる試合が多々ある。

関連記事

おすすめの記事