「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

現代のタイガーマスクといわれる、元プロボクサーの坂本博之とは

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: https://sportiva.shueisha.co.jp/

平成のKOキングこと、元プロボクサー坂本博之をご存じだろうか。 坂本博之は普段は優しい一面をのぞかせるも、いざ試合となれば勇猛果敢なインファイトで戦うボクサーだった。 現役時代、畑山隆則との一戦が伝説の試合とも呼ばれ、今では現代のタイガーマスクと言われる坂本博之を紹介していく。

凄惨な幼少時代を生き抜いた坂本

坂本博之は福岡県田川市出身で、小学校1年の時に両親が離婚し、親類に預けられるも、家では食事をろくに与えてもらえずに、学校給食1食のみだったという。給食が無い休日は、ザリガニやトカゲを獲って飢えをしのぐほど生活は極貧となり、不満をこぼすと顔が変形するほど殴られることがあったようだ。
凄惨な少年時代を過ごすが、後に預けられた児童養護施設のテレビでボクシングの試合を見てから、プロボクサーを目指すようになった。

プロデビューから順調に勝ち進むも、世界戦では2度敗北

坂本博之は、高校卒業後の1991年12月14日、プロデビュー戦で1ラウンドKO勝ちを収める。1992年には東日本ライト級新人王、1993年には全日本ライト級新人王に輝いた。さらに、全日本新人王決定戦MVPを獲得している。
坂本は12戦全勝(10KO)という素晴らしい戦績で同年日本王座に初挑戦して、リック吉村を9回TKO勝ちに鎮める。1995年には元世界王者とノンタイトル戦を行い、プロ初黒星を喫している。 1997年、29戦目でWBC世界ライト級王者に初挑戦するが、惜しくも12回判定負けを喫している。復帰後の1998年、再度世界戦に挑むが、またも12回判定負けで王座獲得とならなかった。

おすすめの記事