「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

技術力でボクシング世界王者となった"精密機械"沼田義明とは

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://jpba.gr.jp/main.html

ボクシングにおいて、パワーはもちろん大切だ。だがそれは強さの要素のひとつでしかない。 「精密機械」と呼ばれる正確な技術で世界を獲った沼田義明選手の功績を紹介する。

「精密機械」沼田義明とは

沼田義明は、1962年のデビュー以来「精密機械」と呼ばれる正確な技術を駆使して、1965年に世界チャンピオンとなった。 打たれながらも相手の隙を逃さず狙う我慢強いスタイルで、特に有名なのは、大逆転劇を見せた1970年のラウル・ロハスとの防衛戦だ。
引退後はテレビ朝日『エキサイトボクシング』の解説者などを経て、現在は自身がプロデュースする「沼田ジム」で後進を育てている。
元東洋太平洋Jライト級(現Sフェザー級)王者、元東洋太平洋ライト級王者、元世界Jライト級(現Sフェザー級)王者だ。

沼田義明のおいたち

北海道日高町(旧門別町)出身で、ボクシングを始めたきっかけはTBSの「東洋チャンピオンスカウト」と極東プロモーションが企画した「TBSボクシング教室」に参加していたことという異色の経歴。その後、1962年にプロデビューを果たした。

昭和42年6月。合格者の一人、沼田義明選手が比国の英雄フラッシュ・エロルデを破り、世界Sフェザー級王座を獲得。小高氏の英才教育は見事に花開く。最高の結果を得たボクシング教室は第2期生を募集。8月12日で締め切られた第2次ボクシング教室への応募者(15才?19才)は何と2万人。世のボクシングブーム、沼田選手の世界獲得が刺激になったのは間違いないが、2万人とは凄い。

出典: ボクシング・マスター

おすすめの記事