「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングの反則行為のまとめ

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: antoniodiaz/shutterstock.com

ボクシングは、リング上で選手同士が1対1で戦う真剣勝負のスポーツだが、当然のことながらルールがある。 数あるルールの中から反則行為に注目する。折角の好試合が反則行為で台無しになってしまうのだ。 主な反則行為と過去の事件を紹介する。

ボクシングの反則行為の定義

ボクシングは、パンチで相手選手からダメージやダウンを奪う競技だが、危険を伴う競技だからこそ厳格なルールがある。特に、相手の致命的なケガにつながる行為や、ルール外のアンフェアな打撃行為は反則となり、レフェリーに注意を受ける。プロボクシングでは、注意を受けることにより減点対象となり、連続して続けた場合や悪質な場合はレフェリーの判断により失格負けとなる。
反則行為により好試合が台無しになってしまうこと、反則によるケガで今後の選手生命にも関わる事態にもつながってしまうことを避けるためにも、厳格なルールと的確なレフェリングが必要になる。

反則行為の種類

ボクシングの反則行為には、下記のようなさまざまな項目がある。

日本ボクシング・コミッション(JBC)のルールブックには、「次の各号に定める行為を反則とし、これを禁止する」とある。以下、分かりやすく要点をかいつまんで紹介する。

一 ローブロー(ベルトライン以下への攻撃)
ニ ダウン中の相手を打つこと
三 故意のホールドやクリンチなどを続けること
四 バッティング(頭や肩、肘などの加撃)
五 レスリング行為(足蹴り、抱え投げ、引き倒しなど)
六 ナックル(拳の甲からみた前面垂直部分)以外での打撃
七 キドニー(腎臓)ブロー、ラビットパンチ(後頭部への打撃)
八 サミング(グローブの親指部で相手の目を突く行為)
九 故意のダウン
十 無気力試合
十一 コーナーやロープに相手を押し付けて片方の手で加撃すること
十二 ブレーク後、ラウンド終了後の加撃
十三 試合中の相手やレフェリーへの暴言
十四 ロープの反動を利用した攻撃
十五 ローダッキング(攻撃を避けるため相手のベルトライン以下に体を沈めること)

出典: Sports Navi

どの反則行為も相手選手に多大な影響を与えるだけでなく、試合を見に来るお客様にも不快感を与えることになるだろう。

おすすめの記事