「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あふれる臨場感に興奮!観戦マナーを知ってボクシングを楽しもう

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: katatonia82/shutterstock.com

テレビでもよく放送されているボクシングの試合。 試合のために数々の努力を重ねてきた選手たちの熱い戦いを、間近で観たいと思ったことはありませんか? 今回は、ボクシングを会場で観る際の観戦マナーをご説明します。

まずは基本を確認!入場券購入の注意事項と試合の構成

入場券は当日、会場の入場券売場で購入することができます。当日購入の場合、人気の試合が予定されていると欲しい座席のチケットが売り切れていることがあり、立ち見になってしまうケースもあります。もし「絶対ここで観たい!」という希望があるなら、事前にインターネットなどで前売り券を購入しておきましょう。
また、知り合いが試合に出る場合は、選手本人からチケットを購入してあげると良いでしょう。そのお金が彼のファイトマネーになるだけでなく、誰が応援に来てくれるかがわかって励みになるからです。

持ち込んではいけない物と禁止行為を確認!

多くの試合が開催される後楽園ホールが禁止している持ち物と行為を見ていきましょう。
まず持ち物ですが、危険物を持ち込んではいけないのはもちろんのこと、大きすぎる応援道具も持ち込めません。障がい者補助犬以外の動物(ペット)も連れ込み禁止です。そして座席が狭いため、自分の席におさまらないような手荷物も持ち込んではいけません。ベビーカーを利用している人は、会場に入る際に事務所に預けましょう。また、リングサイドの席の場合は、選手の汗や血が飛んでくることがありますので、汚れたら困るような服装では行かない方がよいでしょう。
逆に、持って行くと便利なものとしては、折りたたみ式の双眼鏡やタオルなどがあります。売店がない会場の場合は、必要に応じて飲み物や食べ物も持って行くとよいでしょう。試合は午後6時から10時くらいまでありますし、その間飲まず食わずで過ごすのは大変です。
禁止されている行為としては、立入禁止場所への立入、指定場所以外での観戦、リングや客席への物の投げ入れ、風船やジェット風船、鳴り物の使用、許可のない撮影行為、試合中のフラッシュ撮影などがあります。リングや客席に物を投げることは、選手からも観客からも嫌われる行為です。

飲食やトイレ休憩、買い物はどのタイミングがいい?

食事は試合前に済ませておくとラクです。客席での食事は試合に集中できないことがあるのと、匂いが周りの迷惑になることがあるので、避けた方が無難です。
試合の間に食事をしたい場合は、試合の終了と同時に席を立ち、試合の開始直前のタイミングで席に戻りましょう。ボクシングの試合は終了の後すぐに次の試合開始となります。1試合15分程度を目安に計算すると、戻るタイミングをはかりやすくなります。 トイレ休憩、売店などでの買い物も同じです。試合中に席を立つのは周りで観戦している人の邪魔になりますので、やめましょう。

いざ試合開始!試合中の応援で気をつけたいこと

場内アナウンスとともにまず選手が入場してきます。そしてリングに上がり、合図とともに試合開始。ボクシングはショーではないため、派手な演出は基本的にありません。しかし、選手と観客の距離が近く、応援は白熱します。
きっとさまざなな声援を耳にするでしょう。でもたとえ自分の応援する選手が劣勢であっても、選手を罵倒するのはマナー違反です。これはまだ技術的に未熟なC級の選手に対しても同様です。リングに立っている選手の気持ちを思って応援しましょう!
ただ、前項でも触れましたが、いくら興奮していても立ち上がらないようにしましょう。

試合が終了したら、選手にお疲れ様の声援を送ろう!

ノックアウト、判定、選手の負傷による試合中止で試合は終了します。試合が終了すると選手はお互いを称え合い、抱き合います。勝った選手はリング中央で声援を浴び、負けた選手は観客に深々と頭を下げて相手のコーナーへ挨拶に行きます。
負けた選手はそれからリングを去りますが、その帰り道は労いの声援で一杯に。思わず自分も選手のそばに駆け寄って労いたくなるかもしれません。もし席を離れる場合は、周りの人に一言かけるかジェスチャーで合図してから席を立ちましょう。

まとめ

選手と観客が一体となれるボクシング観戦は、1日でさまざまなレベル、タイプの選手の試合を観ることができます。 会場で配られるプログラムに目を通しておくと各選手の特徴もわかりますので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

おすすめの記事