「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシング上達のコツ!カウンターの打ち方、おすすめの練習方法。

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: LuckyImages/shutterstock.com

相手が打ってくると同時にパンチを出し、大きなダメージを与えることのできるカウンター。 相手の隙を狙って打ち込むため、通常よりも2~3倍の威力を発揮するとも言われますね。 非常に難しいテクニックではありますが、繰り返しのトレーニングは必須。おすすめの練習法、コツなどを紹介します。

カウンターを狙うには…?

ボクシングのカウンターパンチ。一撃でKOにもよくなる、非常に強烈なパンチです。 カウンターとは、相手の攻撃してくるタイミングで瞬時にパンチを打ち込み、ガードやディフェンスのない隙を狙って打ち込み、さらには相手の攻撃の勢いをも利用するため、通常の2?3倍の威力を持つともいわれています。
ボクシングのトレーニングを続けているうちに、一度はやってみたくなる、強力なパンチですよね。しかしながら、非常に難しいテクニックでもありますので、やはり練習の積み重ねが必須とも言えます。では、どのような練習方法がカウンターを狙うのに有効なのでしょうか。

ボディカウンターの打ち方

まず、相手の左ジャブやフック、ストレートに対して狙っていくカウンターは、相手の左からの攻撃が出た瞬間に一度体をかがめ、ダッキングの状態になります。そのまま左フックを相手の右わき腹、つまり急所である”リバー”を狙うことができます。これがいわゆる狙いやすいボディカウンターといえるでしょう。相手に大きなダメージを与えられます。
次に、相手の右パンチに対するボディカウンターも同様に、相手の右ジャブ、フック、またはストレートが出る瞬間にダッキング、身体をかがめ、相手のボディに右フックを打ちます。また、この時に右ストレートを相手のボディへ打ち込むと威力が大きく、大変効果が高いといえます。

おすすめの記事