「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシング上達のコツ!カウンターの打ち方、おすすめの練習方法。

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: LuckyImages/shutterstock.com

相手が打ってくると同時にパンチを出し、大きなダメージを与えることのできるカウンター。 相手の隙を狙って打ち込むため、通常よりも2~3倍の威力を発揮するとも言われますね。 非常に難しいテクニックではありますが、繰り返しのトレーニングは必須。おすすめの練習法、コツなどを紹介します。

カウンターを狙うには…?

ボクシングのカウンターパンチ。一撃でKOにもよくなる、非常に強烈なパンチです。 カウンターとは、相手の攻撃してくるタイミングで瞬時にパンチを打ち込み、ガードやディフェンスのない隙を狙って打ち込み、さらには相手の攻撃の勢いをも利用するため、通常の2?3倍の威力を持つともいわれています。
ボクシングのトレーニングを続けているうちに、一度はやってみたくなる、強力なパンチですよね。しかしながら、非常に難しいテクニックでもありますので、やはり練習の積み重ねが必須とも言えます。では、どのような練習方法がカウンターを狙うのに有効なのでしょうか。

ボディカウンターの打ち方

まず、相手の左ジャブやフック、ストレートに対して狙っていくカウンターは、相手の左からの攻撃が出た瞬間に一度体をかがめ、ダッキングの状態になります。そのまま左フックを相手の右わき腹、つまり急所である”リバー”を狙うことができます。これがいわゆる狙いやすいボディカウンターといえるでしょう。相手に大きなダメージを与えられます。
次に、相手の右パンチに対するボディカウンターも同様に、相手の右ジャブ、フック、またはストレートが出る瞬間にダッキング、身体をかがめ、相手のボディに右フックを打ちます。また、この時に右ストレートを相手のボディへ打ち込むと威力が大きく、大変効果が高いといえます。

カウンターを打つのに必要なマインドとトレーニング

相手にカウンターパンチを打ち込むには、常にかかとを上げ、フットワークを活かしつつ、いつでも瞬時にパンチを打ち込める状態、つまり常に臨戦態勢になっていないとそのタイミングを狙うことができません。相手の動きを常に分析しつつ、瞬間的に判断できる力、さらには瞬発力が必要になります。
カウンターは相手の攻撃の時にできる、わずかな隙を狙って打ち込みます。相手からの攻撃を恐れず、また、それをかわすディフェンスのテクニックも重要になってきますね。

カウンター上達へのトレーニング方法

カウンターを上達させるコツ。まずは、シャドーボクシングの繰り返しが必須となります。基本の構え、フットワークの持久力、また自ら攻撃を仕掛けず、相手の攻撃が来る瞬間を狙っていくというトレーニングですから、この場合はイメージトレーニングともいえます。
シャドーでのトレーニングに慣れてきたら、今度は相手を立てて、2人で練習するといいでしょう。相手のパンチをしっかりと見極め、瞬時にタイミングを合わせて自分のパンチを打てるか、一つ一つ確認しながら繰り返しトレーニングを行っていきます。

2人で行うカウンターの有効な練習方法

シャドーでのトレーニングに慣れたら、2人1組で相手を立てて練習をします。左右それぞれ、相手にはパンチをまず出してもらいます。
カウンターの練習を行う時は、相手の動きや攻撃に入る瞬間を見逃さず、ほぼ同時に自分のパンチを打ち込まなくてはいけません。ジャブ、フック、ストレートなど、いろいろなパンチを出してもらい、それぞれの動きが反射的に出るように、癖をつけていく必要がありますね。
まずは相手の攻撃と同時にジャブが出せるように身体を慣らしていきましょう。相手がどのパンチを出してくるかという見極めや洞察力も、カウンターを打つためにはとても重要です。

まとめ

いかがでしたか? プロボクシングの試合などでも、カウンターのKOを見ると、やはり感動を覚えることがあります。 なかなか難しいテクニックではありますが、一つ一つ練習を積み重ねて、かっこいいカウンターパンチを打ち込めるようになりたいですね!

関連記事

おすすめの記事