「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京オリンピックで正式採用となるスポーツクライミングとは!

2017 1/10 14:42
スポーツクライミング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by wavebreakmedia / Shutterstock.com

2020年に開催される東京オリンピックにおいて、スポーツクライミングが正式競技として採用されることになった。 スポーツクライミングとは、どのようなスポーツなのだろうか。 スポーツクライミングの基礎知識をわかりやすいように紹介していきたい。

スポーツクライミングとは

2020年の東京オリンピックで正式採用されるスポーツクライミングは、リード、ボルダリング、スピードの3つの種目からなる複合競技である。
リードは、高さ12メートルの壁をロープをつけて登り、制限時間内にどこまで登ることができるかを競い合う競技だ。
ボルダリングは、壁の高さが5メートルと低いが、複数のコースがあり、制限時間内に登ることができた数を競う。
スピードは、スプリント競技であり、高さ15メートルの壁を決められたコースで登り、到達時間を競う。
これら3つの種目を行い、すべての総合得点で勝敗を決していく。

スポーツクライミングの観戦ポイント

どの種目も非常にエキサイティングなスポーツだが、必要となるスキルはそれぞれ微妙に違ってくる。
リードは、長距離を登るための持久力およびコース途中での体力のリカバリー力が重要となり、ボルタリングは、コースの難易度が非常に高いため、正しい道のりを進む戦略性が必要となる。スピードは、これらに加え、瞬発力が必要だ。
スポーツクライミングとは以上の要素すべてを兼ね備えて、初めて高得点を得ることができる難しい競技なのである。

おすすめの記事