「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボルダリング初心者が知っておきたい上達のコツ5つ

2016 12/21 10:03
スポーツクライミング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by altanaka / Shutterstock.com

ボルダリングの初心者の方に耳寄り情報の紹介だ。 今回は上達するための5つのコツを取り上げる。 これを知っておけば、あなたのボルダリング技術はもっと高まり、より楽しめるようになるだろう。 ぜひご覧ください。

1.ダイアゴナルで登る

ボルダリングで登る時の動きのことを「ムーブ」というが、そのムーブの中でも初心者に知っておいてほしいのが、「ダイアゴナル」だ。ダイアゴナルは、壁を斜めに登っていくムーブである。
腕を伸ばした状態で、つま先を支点として、右に登ったら次は左へ、左へ登ったら右へといった具合に登る。つまり、対角線状に壁を登っていくイメージだ。
このダイアゴナルをマスターすれば、腕の力を休めることができるので、より高く登ることができるようになる。

2.ホールドは手で掴みすぎない

ボルダリングで使う出っ張りのことを「ホールド」と言う。このホールドを掴みすぎないようにしてください。
ホールドを手で掴みすぎるということは、そこに体重のすべてがぶら下がることになる。このようになってしまうと、腕がどんどん疲れていき、高く登ることができない。
ホールドを手で掴む際は、体重をかけるというより、引っかけるくらいのイメージにしよう。逆に、足の部分のホールドは、つま先でしっかりと踏むようにしてください。

おすすめの記事