「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【FIBAバスケワールドカップ2019】1次予選開幕!日本の試合はいかに

2017 12/26 09:51Mimu
バスケットゴール,コート
このエントリーをはてなブックマークに追加

FIBAバスケットボールワールドカップ2019の1次予選が開幕

2017年11月24日、FIBAバスケットボールワールドカップ2019の1次予選が開幕した。日本が所属するアジア地区の予選では、16カ国がA~Dの4つのグループに分かれ、試合を行っていく。
日本はBグループ、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、フィリピンと同グループだ。この3カ国とホーム&アウェー方式で1試合ずつ、合計6試合を行う。

日本がオリンピックに出場するためには、Bグループで上位3位までに入り2次予選へ進まなくてはならない。さらに2次予選で成績上位の7チームに入る必要がある。
2017年12月現在、1次予選の2試合が行われているが、その様子を伝えていこう。

【フィリピン戦】序盤は固さがみられるも、中盤からは流れを作る

1次予選、初戦の相手はフィリピン。FIBAランキングは日本の50位に対してフィリピンは30位(試合日時点)、さらにここ14年間勝利することができていない相手だ。
だが、開幕ゲームは日本のホーム(東京駒沢体育館)。勝って勢いをつけたい試合だ。

立ち上がりは田中大貴(アルバルク東京)の3Pシュートで幸先よく先制する。だがファールなどもあってうまく流れを作っていくことができず、日本の得点はそこから停滞してしまう。
残り3分の時点で3-14と差がついていた。それでも、途中から入った比江島慎(シーホース三河)がドライブで果敢に切り込んでいき、少しずつ流れを変えていく。ほかの選手たちの固さも取れ、何とか10-18と8点差で第1Qを終えた。

第2Qからは互角の勝負を演じる。田中、比江島、アイラ・ブラウン(琉球ゴールデンキングス)を中心としたオフェンスで得点を重ねトータルのスコア28-37。点差は縮められなかったが、良い流れを作って前半を折り返した。

おすすめの記事