「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【FIBAバスケワールドカップ】今大会から変更点多数!大会概要のまとめ

2017 12/27 16:02Mimu
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

FIBAバスケワールドカップ2019の予選が開幕

2019年、第19回目のFIBAバスケットボールワールドカップが開催される。バスケットボールの大会としては、オリンピックと並ぶ世界最高峰の大会である。
ただ近年は、その様相も少しずつ変化してきた。2010年までは「バスケットボール世界選手権」という名称だったが、2014年からは現在のワールドカップに変更された。
今大会も、開催時期や予選方式、オリンピックの出場権に関する規定など、さまざまな変更が行われた。詳しく見ていこう。

開催時期や予選方式が大きく変更

今回のワールドカップは2019年、つまり奇数年の開催となる。本来この大会は4年周期で行われており、前回大会は2014年。
今まで通りの流れであれば2018年に行われるはずの大会であった。サッカーワールドカップと開催時期が重なってしまうことを避けるため、1年ずらして開催されることとなった。

開催時期だけでなく、予選方式も大きく変化している。今までは、各大陸での選手権大会が、ワールドカップ予選の役割をはたしていた。日本でいえば、アジア選手権がこれにあたる。

しかし今回からは、予選から大会名を統一。さらに1次予選を2017年11月から、そして2次予選を2018年の8月から開催し、1年以上の時間をかけて出場国を決めていくこととなった。
ちなみにアジア選手権は、「アジアカップ」へと名称を変え、純粋に大陸No.1の国を決める大会となった。開催時期も4年に1度となっている。

おすすめの記事