「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【FIBAバスケワールドカップ2019】優勝実績多数!大会強豪国はこの2国

2017 12/26 09:50Mimu
バスケットボールプレイヤー
このエントリーをはてなブックマークに追加

FIBAランキング堂々の1位!優勝5度を誇るアメリカ

バスケ強豪国といえば、やはりアメリカが代表的だ。ワールドカップ(世界選手権時代も含む)では、出場17回のうち5度の優勝を誇っている。
これは、すべての出場国の中でも最多の数字だ。FBIAランキングも堂々の1位。名実ともに、世界最強の国である。

1950年の第1回大会から出場し、この時は準優勝。4年後の第2回大会では早くも優勝をはたした。最近の大会結果を見ても、2010年・2014年と2連覇中だ。
2大会ともグループリーグ5戦全勝でノックアウトラウンド(トーナメント)へ進出し、そのまま4連勝で優勝。つまり現在18連勝中である(最後に負けたのは2006年の準決勝)。今回の大会でも、もちろん優勝候補筆頭だ。

NBAで活躍するスター選手たち集結!世界最強のドリームチーム

大会創設当時から強豪だったアメリカであるが、特に90年代以降のチームは「ドリームチーム」といわれている。NBAのプロ選手が国際大会に出場できるようになり、多くのスター選手がアメリカ代表に選出されたからだ。
初めてドリームチームが組まれた92年のバルセロナオリンピックでは、マイケル・ジョーダンを初めとして、チャールズ・バークレーやマジック・ジョンソン、ラリー・バードなど、当時のトップ選手たちが集結。圧倒的な力で優勝をはたした。

世界選手権では、94年に初めてドリームチームが組まれている。バルセロナに選ばれなかった選手が中心だったが、レジー・ミラーやシャキール・オニールなど、豪華な面々が一堂に会した大会であった。
近年もNBAのスター選手が活躍を見せており、2010年にはケビン・デュラント、2014年にはカイリー・アービングがMVPを獲得している。

おすすめの記事