「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

身長差を無効にするスクープショットを操るバスケ選手4選

2017 7/12 14:39吉田 和喜
トニー・パーカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Frederic Legrand - COMEO / Shutterstock.com

スクープショットはディフェンスがチェックに入る前にふわりと浮くシュートで決めるため、身長差に関係なく決めることができるシュートだ。そんなスクープショットを身に着けて活躍するNBA選手や日本人選手を紹介する。

高い技術を要するスクープショット

スクープショットとはジャンプシュートでもなく、レイアップシュートでもない、ゴール前でディフェンスがチェックに入る前にふんわりとアンダーハンドでボールを浮かせて打つショットのことだ。同じようなショットにはオーバーハンドで打つフローターシュートもある。バスケット漫画の王道であるスラムダンクでも登場し、桜木から”へなちょこショット”と呼ばれたので有名だ。
高い技術力を必要とし、リバウンドが取られやすいなどデメリットがあるが、ブロックされにくく、ディフェンスと身長差があっても決めやすいため、身長の低い選手が体得したいシュートといえる。

スクープショットといえばトニー・パーカー選手

アメリカ国籍を持たない選手で初めてNBAファイナルMVPにも選出されているサンアントニオ・スパーズのトニー・パーカー選手。他にも2015年にユーロ史上、歴代1位となる1,032得点を記録するなど、攻撃的なポイントガードとして活躍している。
その抜群の得点力の武器となっているのがスクープショットだ。身長188cmとNBAでは小柄ながら、独特の早いステップから繰り出されるスクープショットは大柄のセンターでもブロックすることが難しく、キャリア平均でフィールドゴール成功率50%弱と、ガードとして非常に高い成績を残している。

おすすめの記事