「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大きな違いは3つ!ルールを知るだけで車椅子バスケがもっと楽しくなる

2017 4/12 00:24吉田 和喜
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 FXQuadro/Shutterstock.com

最近ではテレビのスポーツコーナーで車椅子バスケが取り上げられることも出てきた。なかなかルールが分からないと楽しめないが、健常者バスケと比べて知らないといけないルールは基本的には3つだけだ。ルールを理解して、車椅子バスケ観戦をもっと楽しもう。

プロ選手だっている車椅子バスケの世界

日本ではまだまだ車椅子バスケを観戦している人は少ないのが現状だ。ただ、海外に目を向けるとプロリーグも存在する。例えばヨーロッパでは欧州リーグが存在し、出場するトップ選手たちは報酬を受けながら車椅子バスケをプレーするプロプレーヤーだ。
そして日本からも香西選手・鈴木選手・千脇選手の3人がドイツ・ブンデスリーガのBGハンブルクに所属している。日本ではまだまだマイナーかもしれないが、こうした海外に挑戦する選手の活躍が周知されることで、車椅子バスケが盛り上がっていくことが期待されている。

基本はほとんど普通のバスケと同じ?

車椅子バスケの基本的なルールは、健常者のバスケとほとんど変わらない。試合時間は10分ピリオド×4回の40分間だ。1チームは5人で、コートの広さからゴールの高さまで同じだ。スリーポイントシュートラインも同じだ。ただ、普通全身を使って打つスリーポイントシュートを上半身の力だけで打つので、難易度はぐっと上がる。バスケの基本となるルールは同じなので、バスケ経験者が見れば違和感なく試合内容を理解できるはずだ。
ただし、障がいのある選手がプレーするということで、特有のルールが大きく分けると3つほどある。1つずつ見ていこう。

おすすめの記事