「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2020年東京パラでメダル獲得へ!車椅子バスケ日本代表の注目の5人

2017 4/5 18:49出井章博
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Gts/ Shutterstock.com

2016年リオパラリンピックでも注目競技だった車椅子バスケ。惜しくもメダル獲得はならなかったが、2020年東京パラリンピックでは、悲願のメダル獲得が期待される。そこで、2020年東京パラリンピックに向けて注目の車椅子バスケ男子日本代表の選手5人を紹介する。

日本代表の大黒柱、藤本怜央選手

藤本怜央選手は、1983年9月22日静岡県島田市出身で、ポジションはセンター。所属はSUSで、チームは宮城MAXだ。藤本怜央選手は小学校3年生の時に自転車に乗っていてダンプカーに巻き込まれる事故に遭った。その事故で右脚の膝から下を失うことになった。その後、義足をつけて生活し、静岡県立島田工業高校に進学。高校3年で車椅子バスケを始めるとメキメキと上達し、19歳で日本代表に選ばれた。
国内のチームの最高峰の大会である日本選手権で11年連続得点王の記録を持ち、ベテランになった現在も日本代表を引っ張る存在だ。

日本代表随一のパワーで圧倒、香西宏昭選手

日本代表で一番のパワーで外国の選手たちも弾き飛ばすのは、ベンチプレス130kgを持ち上げることができる香西宏昭選手だ。1988年7月14日千葉県千葉市生まれで、先天性両下肢欠損という病気とともに生まれた。12歳で車椅子バスケを始めると、高校1年でU-23日本代表に選ばれる。高校卒業後は、車椅子バスケの本場アメリカにあるイリノイ大学に進んでいるが、語学習得や単位取得は難しかったと語っている。
大学3年次と4年次にはシーズンMVPにも輝いており、大学卒業後にドイツで車椅子バスケのプロ選手となると、車椅子バスケ日本代表でも欠かせない存在になった。

おすすめの記事