「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロッテを上位に導く“救世主”マーティン 来日早々、走攻守で存在感

2019 8/13 06:00浜田哲男
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

加入したばかりで連日活躍

今季途中、ロッテに加入した新外国人マーティン。7月26日の楽天戦からチームに合流すると、早速6番右翼でスタメンに。以降はここ一番での決勝本塁打、華麗なフィールディング、レーザービームのような本塁への送球、加速力の凄まじい盗塁など、走攻守で躍動し、チームの勝利に貢献している。

マーティン加入後のチーム成績は8勝4敗1分け。首位のソフトバンクまで5.5ゲーム差に詰め寄っており、2番にマーティンが入ることで打線も厚みが増した。これまでは右翼で先発することが多かった清田育宏も主に代打にまわり、勝負強い打撃を見せ勝利に貢献するなど、相乗効果を生んでいる。これはまさにマーティン効果と言えるだろう。

毎試合、初見の投手と相対するも相手の得意な球種を完璧にとらえたり、際どい球をカットしたり、四球を選んだりなど、非常に内容のある打席が多い。余裕をもって際どい球を見逃すケースも見られ、選球眼も良さそうだ。韋駄天・荻野貴司が出塁した際には荻野の二盗をサポートしたり、グリーンライトで荻野が走ったタイミングで一塁線を破る二塁打を放ってチャンスを拡大したりと、打線の中で早速機能している。

マーティンが2番に座ることで、打撃好調の鈴木大地を3番に置くことができる。ここまで13試合に出場し、5本塁打。その全てが本拠地・ZOZOマリンで放ったものだ。打球も鋭く、8月8日のソフトバンク戦では一塁手の内川聖一のグラブをはじく強襲ヒットを披露。多くのファンがマーティンの走攻守に魅了されていることだろう。まだチームに加入したばかりでのここまでの活躍は、ファンも想定外だったのではないだろうか。

おすすめの記事