「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロッテ・鈴木大地がファンに愛され、チームに必要とされる理由

2019 5/13 07:00浜田哲男
ロッテに欠かせない存在の鈴木大地ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

開幕は控えも、今や攻守で欠かせない存在

ロッテの鈴木大地が好調だ。レアードの加入により三塁の定位置を奪われ、ベンチで戦況を見守る日々が続いていたものの、現在はポジションを替えながらスタメンに名を連ね、3割近い打率をキープ。攻守において欠かせない存在となっている。

開幕から状態の上がらない井上晴哉が2軍行きとなれば一塁を守り、中村奨吾が試合前の練習中に顔面に裂傷を負った際には二塁に入った。また、出塁率はまずまずの数字を残しながらも、日本の投手の球にタイミングを合わせるのに苦労していたバルガスが2軍で調整となればDHにも入った。

二塁、遊撃、三塁と毎年のようにポジション変更を受け入れながらもコンスタントに出場してきた鈴木。今季はレアードが開幕から好調を維持していることからスタメンでの出場は厳しいと多くのロッテファンが思っていただろうが、結局は鈴木が先発に名を連ね、チームを鼓舞し、大事な局面で大きな仕事をしている。

やはり、鈴木はチームの顔であり中心的プレーヤーなのだ。毎年3割を打つような成績は残していない。特段足が速いわけでもない。ましてや得点圏打率が高いわけでもない。二塁手でゴールデングラブ賞は獲得しているが、西武の源田壮亮やソフトバンクの今宮健太のように華麗な守備が売りというわけでもない。

それでも試合ではどの選手よりも大きな歓声を浴び、チームが勝利すれば率先してチームメイトを引き連れてファンと喜びを分かち合う。鈴木は、なぜこれほどまでにファンに愛されているのだろうか。

おすすめの記事