「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロッテ投手勝利数は29歳以上で全体の7割 野手・投手の年齢層別成績を分析

2019 1/9 07:00SPAIA編集部
ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

走る野球は確立も、深刻な長打力不足

こちらが、一軍の試合に出場した野手の一覧。 (野手)
■「23歳以下」
安田尚憲(19)
平沢大河(21)

■「24歳~28歳」
田村龍弘(24)
宗接唯人(24)
柿沼友哉(25)
藤岡裕大(25)
菅野剛士(25)
江村直也(26)
中村奨吾(26)
吉田裕太(27)
三木亮(27)
大木貴将(27)
加藤翔平(27)
岡大海(27)

■「29歳~33歳」
鈴木大地(29)
髙濱卓也(29)
ドミンゲス(29)
井上晴哉(29)
細谷圭(30)
李杜軒(30)
伊志嶺翔大(30)
角中勝也(31)
清田育宏(32)
荻野貴司(33)

■「34歳以上」
金澤岳(34)
岡田幸文(34)
根元俊一(35)
福浦和也(43)

ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

2018年のロッテはよく走った。盗塁数128個は、西武の132個に次いで12球団で2番目の成績。中でも、二塁手にコンバートされて143試合に出場した中村奨吾が39個の盗塁をマークするなど、走る野球を印象づけた。

盗塁は、24歳~28歳までの選手で62%と高い割合を占めており、今後も走る野球がロッテの生命線となりそうだ。

その一方、寂しい数字に終わったのが本塁打数。78本は12球団で最下位。24歳~28歳までの本塁打数が21本と少なく、これは巨人の10本、中日の19本に次ぐワースト3位。前述した通り、この世代の走力は光っているが、長打力不足は深刻だ。

また、23歳以下で1軍の試合に出場したのは、平沢大河と安田尚憲の2人だけ。ちなみに12球団で一番多いのが、日本ハムと楽天の8人、最少は中日の0人だった。

ロッテは野手の選手層が薄く若手の底上げは必須なだけに、23歳以下の野手の積極的な起用も求められる。

明るい材料といえば、これまで1軍に定着できなかった井上が4番に固定され、133試合に出場。井口監督以来の日本人打者での本塁打20本以上を記録し、99打点を挙げてブレイクしたことか。

ほかにも、中村が143試合、藤岡が143試合、田村が143試合、平沢が112試合に出場するなど、シーズンを通じて様々な経験をしたことは収穫だ。特に、ここ数年選手の入れ替わりが多かった内野陣を固定したことが来年以降どう実を結ぶか。また、17試合に出場した大砲候補の安田が2年目、3年目とどのような成長を遂げるかに大きな期待がかかっている。

おすすめの記事