「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球における背番号52の名選手たち

2017 12/26 13:02mono
ベースボールプレイヤー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年現役選手の背番号「52」

2017年各球団の背番号「52」は下記の選手が背負っていた。

  • 日本ハム:ドレイク選手(外野手)
  • ソフトバンク:川崎宗則選手(内野手)
  • ロッテ:益田直也選手(投手)
  • 西武:山田遥楓選手(内野手)
  • 楽天:森原康平選手(投手)
  • オリックス:岡﨑大輔選手(内野手)
  • 広島:庄司隼人選手(内野手)
  • 巨人:宇佐見真吾選手(捕手)
  • DeNA:細川成也選手(外野手)
  • 阪神:小豆畑眞也選手(捕手)
  • ヤクルト:中村悠平選手(捕手)
  • 中日:武山真吾選手(捕手)

不在:0球団
永久欠番:0球団
投手:2球団
捕手:4球団
内野手:4球団
外野手:2球団


2017年シーズンは各ポジション、まんべんなく使用されている背番号「52」。大きい数字と言うこともあり、結果を残すことで背番号を若い番号へと変更する選手多い。
オリックス・バファローズ時代の坂口智隆選手(現・ヤクルト)、多村仁志選手(元横浜)らがそうだ。

一方で川崎宗則選手のように結果を残しても、変更を行わない選手もいる。現在、背負っている選手たちが結果を残した際はどのようになるのだろうか。背番号の行方にも注目したい。

WBCでみせた『神の右手』川崎宗則選手

2017年シーズン途中にメジャーリーグから、福岡ソフトバンクホークスへと復帰した川崎宗則選手。1999年のドラフト4位で鹿児島工業高校から福岡ダイエーホークスへと入団する。
入団時に与えられた背番号は「52」だった。2年目の2001年に一軍デビューを果たし2003年にレギュラーを獲得。2004年には打率.303(564打数171安打)を記録し最多安打のタイトル、そして盗塁王(42盗塁)を手に入れた。

2006年、2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)メンバーにも選ばれた川崎選手。日本代表でもシーズン同様に背番号「52」を着用していた。
第1回大会決勝のキューバ戦では好走塁でチームに貢献。『神の右手』と称されるスライディングは、多くのファンを魅了している。
ソフトバンクにおいても実績を残したが、背番号の変更は行わずメジャーリーグに移籍する2011年まで「52」でプレー。その際に球団は川崎選手の番号を空き番号とし、復帰まで誰も着用していなかった。

おすすめの記事