「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

得点量と得点回数で振り返る2017年プロ野球(上)~ソフトバンク一強パ・リーグ編~

2017 12/22 16:14松本 健太郎
得点量と得点回数で振り返る2017年プロ野球(上)~ソフトバンク一強パ・リーグ編~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by EHStockphoto/Shutterstock.com


圧倒的な戦力を誇り、2勝1敗ペースで勝ち続けた最強ソフトバンク。まさかの逆転勝利でクライマックスシリーズから成り上がった横浜DeNA。

両チームの激突で幕を開けた2017年の日本シリーズは、4勝2敗で福岡ソフトバンクホークスが優勝しましたが、横浜DeNAラミレス監督の采配がズバリ的中して、圧倒的な戦力差を感じさせない試合が続きました。

2017年全てのイベントが終わった今こそ、セ・パ両リーグの戦いぶりを振り返る良い機会と言えるでしょう。そこで今回は、データに焦点を絞って各チームの特徴をザックリ掴んでみたいと思います。

野球をデータサイエンスとして定義する

セイバーメトリクスという単語を一躍知らしめたビリー・ビーン氏は野球を「27個のアウトを取られるまでは終わらない競技」と定義した、と言われています。

しかし私は少し違うと考えています。なぜなら、野球には「イニング」という概念があるからです。

したがって、正確には「1イニングにつき3個のアウトを取られるまで攻撃を終わらず、それを9イニング続ける競技」だと考えるべきでしょう。つまり考えるべきは、攻撃する側であれば3個のアウトを取られる前にいかに塁に出るか、塁に出たランナーをいかにホームに返すか、なのです。

これを確率で考えてみましょう。

プロ野球における平均的な出塁率を.333だと仮定します。つまり打者のうち3人に1人は塁に出るのです。考え方を変えれば、3人に2人は塁に出られません。

3個のアウトを取りますから、3回打者が打席に立つと考えます。

1イニングにつき1度もランナーが出ない確率は2/3×2/3×2/3・・・8/27になります。つまり27回中たった8回のみ、誰も塁に出ないという機会が発生します。

言い換えると、確率的には1イニングにおいて27回中19回は誰かしら塁に出るのです。

とすると、ランナーをいかにホームに返さないかは大事ですが、失点はやむを得ないものと考えて、1イニングにおける失点量を少なくする(得点量を多くする)、そして9イニング中何回も失点しない(得点する)のも大事だと分かります。

そこで、2017年のプロ野球公式戦(交流戦含む)の試合を「1イニングあたり得失点量」と、「1試合あたり得失点回数」というマクロな観点で分析してみました。(ただし延長戦の場合は9回までを対象に計算しています)

強いチームには、どのような傾向が表れているでしょうか。

パ・リーグを分析してみた(1イニングにおける得失点量)

今回はパ・リーグの結果から共有します。

まずは、1イニングにおける得点量から計算してみました。

1イニングにおける得失点量

これだとよく分からないので、1イニングあたり平均得点量(1点以上得点したイニングに限る)を計算します。結果は以下のグラフの通りです。

1イニング平均得点量

仮に9イニング連続で得点したとなると、西武とソフトバンクで約1点の違いが生まれます。西武と日本ハム・ロッテで約2点の違いですから、かなり大きな差です。2017年の西武打線が強力だったが分かります。

続いて1イニングにおける失点量を計算してみました。

1イニングにおける失点量

同じく、1イニングあたり平均失点量(1点以上失点したイニングに限る)を計算します。結果は以下のグラフの通りです。

1イニング平均失点量

少し面白い結果になりました。

オリックスの総失点は598点、防御率は3.83でリーグ5位ですが、平均失点量で見るとリーグ2位となります。つまり1イニングあたりの失点数は少ないものの、何回も失点していることを意味しています。

また、平均得失点量を合算すると、楽天は-0.02点に対して、オリックスは0.02点になります。両チームは勝ち星で14勝の差がありますが、得失点量だけで見ればオリックスのほうが優れているという結果になります。

この点から、1試合あたり得失点の回数という「重み付け」が実は重要だとわかります。

おすすめの記事