プロ野球における背番号26の名選手たち|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球における背番号26の名選手たち


2017年現役選手の背番号「26」

背番号20番台は投手、野手ともに背負うことのある番号だが、背番号「26」は投手の着用率が高くなっている。2017年における各球団の背番号「26」着用選手は下記の通り。

日本ハム:淺間大基選手(外野手)
ソフトバンク:不在
ロッテ:不在
西武:川越誠司選手(投手)
楽天:金刃憲人選手(投手)
オリックス:東明大貴選手(投手)
広島:中田廉選手(投手)
巨人:内海哲也選手(投手)
DeNA:濵口遙大選手(投手)
阪神:歳内宏明選手(投手)
ヤクルト:久古健太郎選手(投手)
中日:井領雅貴選手(外野手)

不在:2球団
永久欠番:0球団
投手:8球団
捕手:0球団
内野手:0球団
外野手:2球団

2017年は不在が2球団あり10球団が使用している背番号「26」。そのうち8球団が投手の番号となっている。エース級と呼べるのは巨人の内海哲也選手のみであり、その他の選手は中堅どころというのも特徴のひとつだ。

また、8選手のうち川越誠司選手(西武)、金刃憲人選手(楽天)、濵口遙大選手(DeNA)、久古健太郎選手(ヤクルト)、内海選手と5人が左腕。今後、左腕の番号として定着するかもしれない。

例外的なのが千葉ロッテマリーンズの背番号「26」だ。ロッテにおいてこの番号はファンの番号として制定されており、準永久欠番扱いとなっている。これはベンチ入り選手25人に次ぐ26番目の選手はファン、という思いが込められており、ベンチにユニフォームが飾られている。

「江夏の21球」:江夏豊選手

401奪三振というシーズン最多奪三振記録保持者の江夏豊選手。阪神タイガース、南海ホークス、広島東洋カープ、日本ハムファイターズ、西武ライオンズと渡り歩き1967年から1984年まで現役生活を送っている。その江夏選手は広島、日本ハムの2球団において背番号「26」を着用した。

1978年に南海から広島へ移籍し初めて背番号「26」を身につけプレー。抑えとして活躍し1979年、1980年の2年連続日本一に輝いている。特に1979年の近鉄バファローズと争った日本シリーズでは、第7戦において9回裏無死満塁のピンチを招くも無失点に抑え胴上げ投手となった。この場面は「江夏の21球」としてファンの脳裏に記憶されており、同名の小説にもなっている。

2年連続日本一を達成した1980年オフに江夏選手は日本ハムへ移籍。1981年から3年間、日本ハムでプレー。この際も背番号は「26」だった。移籍初年度から最優秀救援投手を獲得するなどリーグ優勝に貢献。日本一にはなれなかったものの、江夏選手は3年連続でリーグ優勝を果たしたのだった。

江夏選手の現役生活18年のうち背番号「26」ですごしたのは3分の1にあたる6年のみ。しかし、「江夏の21球」、日本ハムでのリーグ優勝と濃密な6年間だったことは間違いない。

野手の系譜が続いていたDeNAの背番号「26」

2017年シーズンの着用率を見ても投手のイメージが強い背番号「26」。その中で長きにわたって野手がつけ続けてきたチームがある。横浜DeNAベイスターズ(前身球団含む)だ。1950年かに宮崎剛選手が背番号「26」をつけてから空白期間なく2000年まで野手がこの番号を背負ってきた。

そのなかには「天秤打法」で首位打者争いを演じた近藤和彦選手、「おばQ」の愛称で親しまれた長距離砲の田代富雄選手らがいる。このようなチームを代表する選手が背負っていたことで、投手の番号にならなかったと言えそうだ。
初めて2001年に杉山賢人選手が投手として背番号「26」を背負ったが、1年限りで引退となり翌年から捕手の小田嶋正邦選手が着用している。

しかし、2016年ドラフト1位で入団した濵口遙大選手にこの番号が与えられた。球団史上15年ぶり2人目となる背番号「26」の投手が誕生したのだ。今後、投手の番号となるのか、野手の番号に戻ってしまうのかは、濵口選手の活躍にかかっている。

祖父・孫で繋いだ巨人の「26」:内海五十雄選手・内海哲也選手

「打撃の神様」こと川上哲治選手が東京巨人軍(現・読売ジャイアンツ)に入団した1938年(昭和13年)。この年に川上選手とともに内海五十雄選手はプロ入り。吉原正喜選手、千葉茂選手、岩本章選手、三田政夫選手、野村高義選手ら同期入団選手はその期待度から「花の昭和13年組」とも呼ばれていた。

内海五十雄選手は背番号「26」を与えられ2年間プレーしたが、20試合の出場に終わっている。それから時は経ち2003年のドラフト会議で内海五十雄選手の孫にあたる内海哲也選手が巨人に入団。祖父と同じく背番号「26」を背負ったのだ。
残念ながら内海五十雄選手は亡くなっており、孫の勇姿を見届けることはできなかったが、喜んでいることだろう。内海哲也選手は2016年シーズンまでの13年間で126勝を挙げるなどエース級の活躍。2013年シーズンの13勝を最後に二ケタ勝利を挙げることはできていないが、復活が望まれている。

名門ボストンレッドソックの永久欠番:ウェイド・ボッグス選手

海を渡ったメジャーリーグにも背番号「26」の偉大な選手はいる。2005年にアメリカ野球殿堂入りを果たしたウェイド・ボッグス選手もその一人だ。1976年ドラフト7巡目でボストン・レッドソックスに指名され入団を果たしたウェイド・ボッグス選手。

1982年にメジャーデビューを果たした際の背番号が「26」だった。2年目の1983年に打率.361(582打数210安打)で首位打者を獲得。以降1991年まで9年連続で打率3割を記録。また、1985年から1988年まで4年連続で首位打者を獲得するなど、安打製造機としてメジャーリーグの歴史にその名を残している。

1992年オフにはFAとなりニューヨーク・ヤンキースへと移籍し、背番号が「12」となる。故障がありながらも高打率をキープし1996年にはワールドチャンピオンにも輝いた。晩年は球団創設間もないタンパベイ・レイズでプレーし通算3000本安打を達成し1999年に現役を引退している。
ウェイド・ボッグス選手は通算118本塁打と長距離ヒッターではなかったが、6年連続リーグ最多敬遠を記録するなど相手チームからは恐れられていた。

引退後の2005年に野球殿堂入りを果たし、2015年には背番号「26」がレッドソックスの永久欠番として制定されている。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

関連記事

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!