「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

出世番号?プロ野球における背番号23の選手たち

2020 6/19 20:35cut
ソフトバンク・周東佑京(左)とヤクルト・青木宣親ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

2020年現役選手の背番号「23」

2020年シーズンは永久欠番となっている阪神を除く11球団が使用している背番号「23」。投手、捕手、内野手、外野手ともにまんべんなく使用されており、特定のポジションのイメージはついていない。

2020年各球団の背番号「23」は下記の選手が背負っている。

西武:野田昇吾投手
ソフトバンク:周東佑京内野手
楽天:弓削隼人投手
ロッテ:三木亮内野手
日本ハム:渡邉諒内野手
オリックス:伏見寅威捕手
巨人:野上亮磨投手
DeNA:タイラー・オースティン内野手
阪神:永久欠番(吉田義男)
広島:薮田和樹投手
中日:遠藤一星外野手
ヤクルト:青木宣親外野手

不在:0球団
永久欠番:1球団
投手:4球団
捕手:1球団
内野手:4球団
外野手:2球団

ヤクルトにおいては青木宣親、山田哲人とチームの顔とも言うべき選手が「23」から「1」に変更して飛躍を遂げた。青木は日本球界に復帰した2018年から「23」を背負っている。

またソフトンバンクの育成出身で、侍ジャパンの一員として2019年の「プレミア12」にも出場した周東佑京は2019年から、DeNAの新外国人・オースティンは2020年から「23」を背負う。

阪神3人目の永久欠番・吉田義男

吉田義男は立命館大学から阪神に入団し、俊足巧打のショートとして1年目からレギュラーを獲得。1954年に51盗塁、1956年に50盗塁で盗塁王に輝いた。1964年には打率.318をマークしてリーグ優勝に貢献。「牛若丸」と呼ばれた軽快な身のこなしと華麗な守備でもファンを魅了し、巨人で同時期にショートを守った広岡達朗と盛んに比較された。

引退後は3度も監督に就任。1975年からの第1期政権では背番号1をつけ、采配を振るった。2年目には2位に躍進したが、4位に終わった1977年オフに退任した。

第2期は1985年。ランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布の強力クリーンアップを中心とした破壊力抜群の打線で21年ぶりのリーグ優勝を達成し、日本シリーズでも西武を破って日本一に輝いた。しかし、2年目に3位、3年目には最下位に転落し退任。球団は退任と同時に現役時代の「23」を永久欠番に指定した。

1990年から1995年までフランス代表監督を務めた後、1997年に3度目の監督に就任。長期低迷からの脱出を期待されたが、1年目が5位、2年目が最下位に終わり、退任した。

阪神の永久欠番は「初代ミスタータイガース」と呼ばれた藤村富美男の「10」、「2代目ミスタータイガース」村山実の「11」に次いで3人目だった。長い球団の歴史上でも間違いなく大きな足跡を残した一人だ。

青木宣親、山田哲人が着用したヤクルトの出世番号

2015年、2016年、2018年と3度のトリプルスリーを達成したヤクルト・山田哲人。現在の背番号はミスタースワローズの象徴でもある「1」だが、入団時に背負っていたのは「23」だった。

山田は2010年ドラフト1位で履正社高から入団。新入団選手発表会では舞台上で倒立歩行を披露するなど、入団時から注目を浴びていた。このドラフトでヤクルトは斎藤佑樹(日本ハム)、塩見貴裕(楽天)の抽選を外しており、山田は外れ外れ1位指名だった。

青木宣親が着用していた「23」を与えられたことからも山田への期待の高さがうかがい知れる。1年目の2011年シーズンでは一軍昇格できなったものの、クライマックスシリーズでメンバー入りし、第2戦で先発出場。高卒新人のクライマックスシリーズ先発出場は史上初のことでもあった。

その山田が覚醒したのは2014年だった。セカンドでレギュラーをつかむと、143試合に出場して打率.324(596打数193安打)、29本塁打、89打点、15盗塁の大ブレイク。最多安打のタイトルを獲得し、ベストナインにも選ばれた。

翌2015年には柳田悠岐(ソフトバンク)と同時にトリプルスリーを達成。シーズンオフに背番号が「23」から「1」に変更となった。背番号変更の際には山田の前に「23」と「1」を背負っていた青木がサプライズで登場し、山田を驚かせている。

青木、山田が着用し、ヤクルトの出世番号となった「23」。メジャーからヤクルトに復帰した青木が2018年から再び背負っている。

7年連続3割達成のロバート・ローズ

横浜(現DeNA)だけでなく、日本球界全体を見渡してもトップクラスの外国人選手と言えるロバート・ローズ。1993年から2000年までの8年間日本でプレーし、背番号は1度も変わることなく「23」だった。

日本初年度である1993年に打点王を獲得。1994年から2000年まで7年連続打率3割をマークした。1999年には打率.369(521打数192安打)、37本塁打、153打点の成績を残し首位打者、打点王の二冠に輝いている。翌2000年も最多安打のタイトルを獲得するなど衰えを見せることはなかった。

しかし、このシーズン終了後に球団との契約交渉が決裂し、アメリカへ帰国。アメリカの自宅などでトレーニングを続け、2003年にロッテ入りしたが、キャンプ中に退団、現役を引退した。

ロッテではプレーできなかったが、日本で大きなケガをすることもなく8年間で1039試合に出場。通算打率.325(3929打数1275安打)、167本塁打、808打点をマークした。打撃だけでなく二塁の守備でゴールデングラブ賞(1998年)も受賞。攻守において信頼の厚い外国人選手だった。

ローズ以降は小川博文、藤田一也、内村賢介、松尾大河と二遊間の選手がこの番号を着用し、2020年から期待の長距離砲・オースティンが背負っている。

ヤンキースの永久欠番ドン・マッティングリー

2016年からマイアミ・マーリンズで指揮を執っているドン・マッティングリー監督。現役時代はニューヨーク・ヤンキースで14年間にわたりプレーし、首位打者も獲得している巧打者だった。メジャーリーグでは珍しく、1球団のみで現役を終えた選手でもある。

メジャーデビュー3年目の1984年から引退する1995年まで背番号「23」を背負った。14年間の通算成績は1785試合で打率.307(7003打数2153安打)をマークし、引退後の1997年に永久欠番となった。

引退後はコーチに就任し、2004年から2007年までを古巣ヤンキースで指導。2008年からロサンゼルス・ドジャースに移り2011年には監督に就任した。2013年から2015年まで地区3連覇を果たしたが退団し、2016年からはマイアミ・マーリンズで指揮を執っている。

おすすめの記事