「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球における背番号15の名選手たち

2017 9/13 14:03cut
野球,ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年現役選手の背番号「15」

背番号「14」とならび投手の番号として定着している背番号「15」。2017年各球団の背番号「15」は下記の選手が背負っている。

日本ハム:メンドーサ選手(投手)
ソフトバンク:不在
ロッテ:関谷亮太選手(投手)
西武:大石達也選手(投手)
楽天:小野郁選手(投手)
オリックス:佐藤達也選手(投手)
広島:永久欠番(黒田博樹選手)
巨人:澤村拓一選手(投手)
DeNA:井納翔一選手(投手)
阪神:横山雄哉選手(投手)
ヤクルト:不在
中日:永久欠番(西沢 道夫選手)

不在:2球団
永久欠番:2球団
投手:8球団
捕手:0球団
内野手:0球団
外野手:0球団

2016年シーズン限りで現役を引退し、広島東洋カープの黒田博樹選手が背負っていた背番号「15」。広島は日本シリーズ終了後に永久欠番として制定。日本球界で最も新しい永久欠番となっている。

中日ドラゴンズの背番号「15」は西沢道夫選手がつけていたが、引退時に永久欠番となった。これが中日にとって最初の永久欠番でもある。また、西沢選手は首脳陣時代に背番号「15」を着用していた。

福岡ソフトバンクホークスの背番号「15」は、ダイエー時代に病死した藤井将雄選手がつけていた番号で、親会社が変わった今も伝統は受け継がれており、藤井選手以後誰もつけていない。

2016年に永久欠番へ!黒田博樹選手

2016年シーズン限りで現役を引退した黒田博樹選手が、広島時代に背負っていた背番号「15」は引退後に永久欠番となった。日本プロ野球史上、2017年現在でもっとも新しい永久欠番である。

黒田選手は1996年ドラフト2位(逆指名)で専修大学から広島へ入団し、その際に背番号「15」を与えられた。広島の背番号「15」は過去に安仁屋宗八選手、津田恒美選手(入団当初)らがつけていた番号でもあった。黒田選手は初年度から先発として一軍で登板、4年目となる2000年に9勝をマークしブレイクし、その後2001年から2007年までの間に2006年を除き2ケタ勝利を達成するなど、エースとして活躍した。また、2005年には最多勝(15勝)、2006年には最優秀防御率(防御率1.85)のタイトルを獲得した。

2008年からはメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャース、ニューヨーク・ヤンキースでプレーし、7年間で79勝をマークしている。メジャーでの背番号は「18」で、7年間にわたり着用していた。

広島は黒田選手が不在の間も背番号「15」を空き番号として残すなど、最大限の誠意を表した。これが、2015年の広島復帰に繋がったひとつの理由と言えるだろう。

おすすめの記事