「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球界における背番号13の名選手たち

2017 9/13 14:03cut
野球,グローブ,ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年新人が多くつけている背番号「13」

2016年ドラフトで指名された選手たちのうち、4名が背番号「13」を与えられた。ドラフト1位からはオリックス・バファローズの山岡泰輔選手、広島東洋カープの加藤拓也選手の2名。残りの2名は横浜DeNAベイスターズ2位の水野滉也選手、東京ヤクルトスワローズ4位の中尾輝選手だ。

山岡選手は開幕ローテーションに入り、オールスターゲームにも出場するなど、1年目から結果を残している。加藤選手は、初登板で9回途中までノーヒットピッチングを見せる圧巻のデビューを飾った。両選手ともにドラフト1位の存在感を発揮している。

4球団とも空き番号だったという偶然はあるが、同時に4名の新人が背番号「13」をつけるのは珍しい。また4名とも投手のため、今後の試合で同期の背番号「13」同士が投げ合う日が訪れるかもしれない。

おすすめの記事