【球史に名を残した偉人達】三球団で優勝を達成した名将星野仙一監督|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】三球団で優勝を達成した名将星野仙一監督


三球団でリーグ優勝

星野仙一氏は中日、阪神、楽天で17年間監督を務め通算1181勝を挙げており三球団ともにリーグ制覇を達成している。また、北京オリンピックでは日本代表の監督として世界の舞台でも戦った。
2013年に楽天でリーグ制覇をし三球団目の優勝を飾ったが、これはプロ野球史上3人目の偉業だった。過去に三球団で優勝を達成したのは三原脩監督、西本幸雄監督と球史に名を残す名将たちだ。

【プロ野球三球団優勝監督】
三原脩監督:巨人、西鉄、大洋
西本幸雄監督:大毎、阪急、近鉄
星野仙一監督:中日、阪神、楽天

三原監督は「魔術師」と呼ばれ27年間の監督生活で6度の優勝を誇る。1958年の日本シリーズでは巨人に3連敗しながら4連勝で逆転優勝。これは日本シリーズ史上はじめての出来事だった。
西本監督は「悲運の名将」と呼ばれており8度のリーグ優勝を果たしながら1度も日本一になることができなかったのだ。 これらの名将と同じく三球団目のリーグ優勝を果たした星野監督は、2013年の日本一の翌年に健康上の理由もあり監督を退任している。 通算1181勝は歴代10位の記録となっておりV9時代の巨人を率いた川上哲治監督(1066勝)よりも順位は上回っている。

血気盛んな中日監督時代

中日一筋14年の現役生活を送り引退後はコーチ職にはつかずテレビ解説などを行っていた。監督に初めて就任したのは1987年シーズンのことだ。古巣中日の山内一弘監督が退任後に声がかかり星野監督が誕生した。
この監督就任に至り星野監督は大胆な改革を行う。ロッテからトレードで三冠王の落合博満選手を獲得。チームの功労者でもある谷沢健一選手に引退勧告とチームの作り変えを行った。阪神監督時代に行った大幅な血の入れ替えはこの初監督時がルーツだったとも言えそうだ。
その大胆な入れ替え、そして当時まだ40代前半と若く「闘将」として指揮を奮った結果、1987年の就任1年目で2位となり2年目の1988年にリーグ優勝を果たす。1991年までの5年間、優勝1回、Aクラス4回と数字を残すが家族の看病のために退任。再び解説者に戻った。
5年間現場を離れた星野監督は再び1996年に監督へ復帰する。第二期では6年間監督を務め1999年にリーグ優勝を達成。しかし、自身2度めの日本シリーズでも日本一達成はならなかった。2001年に5位となったことで監督を辞任。
中日時代の星野監督は血気盛んな闘将のイメージで知られ多くの選手が恐れていた。その様子は珍プレー好プレーのようなテレビ番組でも、ベンチ内で暴れる姿が取り上げられることも多くファンの間でも周知の事実だ。 これには賛否あるが星野監督自身も「長所であり短所である」とコメントしている。

「勝ちたいんや」

2001年に中日の監督を退任した星野監督は間を置かずに2002年から阪神の監督を務める。当時の阪神は4年連続最下位と不振に喘いでおり野村克也監督が退任したばかりだった。星野監督は負け癖の付いた阪神を蘇らせるために監督就任を引き受けた。 このとき阪神球団オーナーに「失礼だが負けているのはあなたの責任ですよ」と進言したとも言われている。
2002年は開幕7連勝を飾るなど絶好のスタートを切るが最終的には4位に終わる。4位と順位はBクラスだったものの、阪神にとっては1994年以来8年ぶりのことだった。このオフに星野監督は優勝するために思い切った改革を行う。
FAで金本知憲選手、メジャーリーグでプレーしていた伊良部秀輝選手といった投打の柱を獲得。トレードで下柳剛選手、野口寿浩選手を補強するなど多くの選手を補強し血の入れ替えを敢行した。そしてキャッチフレーズは「勝ちたいんや」となったのだ。このキャッチフレーズは星野監督の名言にもなっている。
その結果、チームは大きく生まれ変わり1985年以来18年ぶりとなるリーグ優勝を飾る。日本シリーズでは3勝4敗で敗れたものの阪神の歴史を変える1年となった。 しかし、かねてからの健康問題もありリーグ優勝をしたものの勇退。岡田彰布監督にバトンを渡している。

采配ミスを認めた北京オリンピック

2003年オフに阪神の監督を勇退後は現場に出ていなかった星野監督。しかし、2008年に開催される北京オリンピックの日本代表監督に就任することになった。また、コーチには大学時代からの盟友でもある田淵幸一コーチ、山本浩二コーチが選ばれている。
オリンピックということもありイチロー選手らメジャーリーガーは参加せず国内組でチームを編成。当時の国内最強チームで大会に挑んだ。しかし、「金メダル以外はいらない」と公言していたにも関わらず結果は4位。星野監督の采配は批判を呼び2009年の第2回WBC監督就任もなくなる事態となった。
この大会では不振の選手を連続で起用するなど、情に流されているように感じる采配が目立っていたのが特徴だ。勝ちに徹することができず星野監督の弱い内面が出たとも言えるのかもしれない。この点に関して後に「俺の弱さが出た」と発言し自分の采配ミスを認めている。

監督としての集大成となった楽天時代

2003年に阪神を優勝に導きながら健康上の理由もあり退任しユニフォームを脱いだ。2004年からは阪神のシニアディレクターとして活動し2008年に北京オリンピック日本代表の監督を歴任する。その後、満を持して2011年に楽天の監督へ就任を果たす。これに伴い阪神のシニアディレクター職は退任している。
楽天の前任はブラウン監督だったが、その前に率いていたのは野村監督だった。野村監督は4年間に渡ってチームの基礎を作り、創設間もないチームをクライマックスシリーズに進出できるチームへと成長させていたのだ。阪神時代と同じように野村監督が幹を作り星野監督が花を開かせることに期待が高まった。
楽天初年度となった2011年は前年の6位から一つ順位を上げて5位、2012年は4位と徐々にではあるがチームを上昇させる。2012年は4位とBクラスではあったが野村監督が退任となった2009年以来の勝率5割を達成。2013年シーズンに期待をもたせる。
星野監督の集大成と言ってもいいのが2013年シーズンだった。新外国人のアンドリュー・ジョーンズ選手、ケーシー・マギー選手が活躍。さらには田中将大選手が24勝0敗と圧倒的な成績を残しチーム創設9年目でリーグ優勝を果たしたのだ。 このシーズンではリーグ優勝を決めた試合、クライマックスシリーズを勝ち抜いた試合共に田中選手がリリーフとしてマウンドにおり試合を締めくくる。
日本シリーズでも第7戦の最終回には同じように田中選手がマウンドに立っていた。前日に160球を投げていたにも関わらずだ。この、星野監督の采配は賛否両論が巻き起こり、日米を巻き込んだ議論にもなった。
この星野監督の采配は現実的ではなく昭和の考え方なのかもしれない。しかし、ファンが望むものを魅せるプロ野球の監督としてはどうなのだろうか。結果的に日本一となりファンにも感動を与えたこの采配。批判を浴びることは覚悟でこの采配を振るうのが星野監督という男なのだ。 今後、このような情に厚い監督が現れるのだろうか。監督のスタイルにも注目していきたいものだ。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!