「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】中日のエースナンバー「20」星野仙一選手

2017 4/12 20:20cut
baseball,pitcher
このエントリーをはてなブックマークに追加

リーグ優勝を果たせなかった明治大学時代

星野選手は岡山県倉敷市出身で高校は地元の倉敷商業に入学。甲子園を目指すが在学中は東中国大会決勝が最高成績となり本大会への出場は叶わなかった。
倉敷商業卒業後に星野選手は東京六大学の名門である明治大学へ進学。東京六大学野球で明治のエースとして活躍する。明治大学時代の島岡吉郎監督には大きな影響を受けており卒業後も「オヤジ」として慕っていた。これは、島岡監督の教えに共感したことだけでなく星野選手の父親は出生前に亡くなっており実の父親を知らなかったことも影響しているかもしれない。
4年間通算で63試合に登板、23勝24敗と負け越したものの防御率1.91の好成績を残すがリーグ優勝を飾ったことはなかった。
優勝はないものの実力は評価されており、この年のドラフトで法大三羽烏と呼ばれていた山本浩二選手、田淵幸一選手、富田勝選手と同じく目玉の一人となった。
また、4年時には主将を務めている。明治大学硬式野球部の主将から中日に入団しエースとなったのは星野選手の他にも川上憲伸選手がおり、2016年ドラフト1位で入団を果たした柳裕也選手にも同様の期待が掛けられているのだ。

「島と星の間違いじゃないか?」

星野選手は1968年のドラフト会議で中日から1位指名を受け入団を果たす。この年のドラフトは豊作となっており『ミスター赤ヘル』山本浩二選手、稀代のホームランアーティストである田淵幸一選手、『ミスターロッテ』の有藤通世選手らが同期入団となっている。
また、山田久志選手、大島康徳選手、東尾修選手、福本豊選手、加藤秀司選手といった後に名球会入りを果たした名選手たちも星野選手の同期となった。
星野選手は巨人に「田淵くんを指名できなかったら星野くんを指名する」と指名確約をもらっていたが巨人は高校生の島野修選手を指名。「島と星の間違いじゃないか?」と星野選手が発言したのは有名なエピソードとなっている。
このエピソードもあり星野選手は中日に入団後、巨人に対して、負けたくないという強い気持ちを持つようになったのだ。このドラフトが『燃える男』の原点と言ってもいいだろう。

おすすめの記事