「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本シリーズで奇跡を2度体験!仰木彬監督【球史に名を残した偉人達】

2017 6/30 12:56cut
ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

近鉄監督時代に最初の優勝を体験

仰木彬氏は西鉄ライオンズで14年間の現役生活を終えコーチに就任。その後、西鉄ライオンズから近鉄バファローズへ移籍し、西本幸雄監督などの名将に仕えてきた。その仰木コーチが監督になったのは1988年で、現役を引退してから21年たった53歳のときだった。
仰木監督は西武ライオンズの黄金時代ともいうべき、1980年代後半に近鉄の監督へ就任したのだ。その就任初年度となった1988年は、30年近く経過した2017年現在でも語り継がれている伝説の「10.19」を経験。優勝を逃したものの、絶対王者とも呼べる西武に対し最後の最後まで食い下がった。
翌1989年には前年の雪辱を果たすべく、一致団結して挑み西武、オリックス・ブルーウェーブと共に「混パ(パ・リーグのペナントレースが混戦になっている状態)」を作り上げた。首位西武に引導を渡したのは10月12日に行われたダブルヘッダーだった。この2試合でブライアント選手が4打数連続本塁打を放つなどの活躍で2連勝。マジック2となり2日後の10月14日についに優勝を飾る。
10.19から360日経過したこの日に、ついに仰木監督は悲願を達成したのだ。

3連勝後の4連敗を喫した日本シリーズ

仰木監督就任2年目となった1989年にリーグ制覇。監督として初めての日本シリーズに臨むことになった。この日本シリーズは多くの野球ファンが忘れることのないシリーズとなった。
1958年の西鉄ライオンズが、読売ジャイアンツとの日本シリーズで3連敗後に4連勝を果たした再現が起きたからだ。1958年の日本シリーズでは巨人が3連勝した後に、稲尾和久選手の4連勝で西鉄が逆転勝利を飾っている。仰木監督はこの当時、選手として出場し三原脩監督の元、3連敗後の4連勝を経験している。
それから31年経った1989年の日本シリーズで、仰木監督率いる近鉄は巨人に対して3連勝し、球団創設以来初となる日本一まであと一歩まで迫っていた。その試合後に近鉄の加藤哲朗選手が「巨人はロッテより弱い」と発言したことが報じられ巨人は発奮。そこから粘りを見せた巨人に4連敗を喫し大逆転劇を見せられることになったのだ。
仰木監督は選手時代に3連敗後の4連勝を経験し、監督として3連勝後の4連敗を経験したことになったのだ。

おすすめの記事