「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

千葉ロッテマリーンズの過去の名場面5選

2017 3/3 18:51
chiba studeium
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.asahi.com

千葉マリンスタジアムを拠点としている千葉ロッテマリーンズは、2010年までにパ・リーグ優勝5回、日本一は4回勝ち取っている。この千葉ロッテマリーンズの名場面を2010年の日本シリーズ制覇を中心に5つ紹介する。

2010年史上最高といわれる下剋上!シーズン3位から日本シリーズへ

千葉ロッテは、レギュラーシーズンの終盤では、あと1戦でも負けると4位に落ちてしまうという崖っぷちの状況ながらも3位を死守し、クライマックスシリーズ(CS)へ参戦した。2位であった埼玉西武ライオンズに連続2勝し、見事にCSのファイナルステージへと進出。
リーグ戦優勝のソフトバンクには1勝のアドバンテージがあるため、第3戦終了時点では1勝3敗で王手をかけられる。そこから第4,第5戦と勝ち続け、第6戦目も7対0と波に乗った戦いで勝利し、見事日本シリーズへの切符を勝ち取った。

2010年日本シリーズ第6戦は延長15回の引き分け

中日ドラゴンズとの日本シリーズの戦いは、接戦につぐ接戦で全国を沸かせた。4勝2敗1引分けという成績で、5年ぶり4度目の日本一の座に輝く。
特に6戦目の引分けの試合では、日本シリーズ至上最長5時間43分、延長15回という激闘で野球界の歴史に残る名試合となった。あまりに長い為、終盤では中継をしていたフジテレビではCMも流さなくなり、球場のファンは終電の為後ろ髪をひかれながらも途中帰宅の決断を迫られるという事態となった。
初回にそれぞれ1点を取得し、6回裏に中日に1点を取られるが清田選手の2塁打、サブローのスライダーにより同点に追いつく。そして2対2のまま長い延長戦へと進んだのだが、結局引き分けに終わったのだった。

おすすめの記事