「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

北海道日本ハムファイターズの過去の5大名場面をすべて公開します!

2017 3/3 18:51
北海道日本ハムファイターズ、名場面
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.nikkei.com

北海道日本ハムファイターズは2006年以来10年ぶりに3度目の日本一の栄冠を獲得した。2004年に北海道へ移転後5度のリーグ優勝を果たし、今ではパ・リーグの強豪チームだ。2016年は、栗山英樹監督指揮のもとで大谷翔平投手や陽岱鋼外野手らが中心に活躍した。

日本ハムファイターズ歴代の大型新人、木田勇選手の名場面

1980年4月6日、対西武ライオンズ前期2回戦で、木田選手は新人ながら初登板で初先発した。7安打されたが9回を1失点で抑え、初勝利で初完投を成し遂げた。その後も、23投球回無失点の日本プロ野球タイ記録や、毎回奪三振も3回記録した。先発だけではなく、リリーフとしても登板して、無死満塁で阪急の福本選手、簑田選手、加藤選手から全て速球で連続奪三振を取った。
三振を取った後の派手なガッツポーズは木田選手が一番最初に始めたそうだ。1980年9月2日の近鉄戦では16安打の5失点で186球も費やしたが勝ち投手となった。

歴史に残る日本ハムファイターズのエンターテイナーの新庄剛志選手

2004年7月11日のオールスターゲーム第2戦の3回裏二死三塁の場面で、三塁走者であった新庄選手は捕手が投手に返球した瞬間にスタートを切り本塁にヘッドスライディングをした。投手からすぐ本塁へ送球されクロスプレーでセーフとなり、オールスターゲーム史上初の単独本盗を決め、その瞬間ヘルメットが脱げて腹ばいのまま、両手両足で地面を叩き続けるパフォーマンスで喜びをアピールした。
そして、このオールスター戦で大活躍をして見事MVPを獲得した。試合後のインタビューでは、プロ野球再編問題を受け「これからは、パ・リーグです」と宣言し球場内を沸かせた。

おすすめの記事