「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東北楽天ゴールデンイーグルスの名場面を5つ紹介

2017 3/3 18:51
宮城 球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: https://www.daily.co.jp/

2005年にパ・リーグ公式戦に参戦したばかりの新しい球団、東北楽天ゴールデンイーグルスだが、まだ年数が浅いながらも数々の名試合があった。その中でも厳選した名場面を5つ紹介する。

創設9年目にしてのパリーグ初優勝

2013年楽天イーグルス創設9年目にして祈願のパリーグ優勝を果たした。9月26日の西武との試合は、首位を争っていたロッテが日本ハムに負けた為、この試合を勝てばパリーグ優勝が決定するという試合となった。
楽天は、初回に1点は得たものの、西武に3、4、5回と連続で1点ずつ加えられ、苦しい展開となっていた。7回表の楽天の攻撃の際、2アウト満塁の状況でアンドリュー・ジョーンズが二塁打を放ち、4対3と逆転を果たす。9回裏、田中投手は1アウトのところでランナー2塁,3塁という窮地に立たされるが、その後連続2人の三振を取り初の優勝へと導いた。

2013年パリーグ優勝から勢いに乗って日本一に

楽天にとって初めての日本シリーズ、対巨人線だ。第1戦目は2対0で得点を取れず完封負けしてしまう。第2戦目6回で初の得点を取り、その後の試合は接戦。3勝3敗で迎えた第7戦目、楽天は初回の攻撃から1点を取る。その後2回、3回と波に乗ったまま1点ずつ取得し、そのまま3対0の完封勝利となった。
シーズン中無敗でチームを支えてきた田中投手は、前日第6戦で160球の完投をしていたため登板はないかと思われていたが、9回裏でファンの大声援を受け登板し、勝利をかみしめた。次の年にはメジャーへ行ったため、これが田中投手の日本最後の登板となり、ファンにとって忘れられない感動的な場面となった。

おすすめの記事