「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神タイガース 永久欠番指定される背番号と選手たち

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Peter Kim/ Shutterstock, Inc.

阪神タイガースで永久欠番に指定される背番号は3つある。熱狂的なファンの方も多い阪神タイガースで、永久欠番を生み出すほど活躍したスター選手たちの功績を振り返る。

背番号10 藤村 富美男氏

『伝説の強打者』と呼ばれる初代ミスタータイガース。戦前から日本プロ野球界を支え、物干し竿と呼ばれた長いバットを使ったプレーは、多くのホームランを打ち出した。
阪神タイガース創設以来、背番号10を背負った選手は「フジさん」こと藤村氏のみ。1選手しか使っていない背番号は、他球団含む全永久欠番でも唯一の事例で、真の永久欠番ともいえる。世界大戦中、兵役のためブランクもあったが、戦後初のプロ野球公式戦では、戦後初のランニングホームランを打ち出し、その後も日本のプロ野球を大いに盛り上げた。

背番号11 村山 実氏

闘志をむき出しにして、叫びながら全身で投げ込む「ザトペック投法」と呼ばれる村山氏のピッチング姿は、兵庫県立尼崎総合医療センターに設置される銅像でも知られている。2代目ミスタータイガースとも呼ばれ、巨人の永久欠番に指定されるミスタージャイアンツこと長嶋茂雄氏との戦いは今でも語り継がれている。
戦後唯一となるシーズン防御率0点台や、通算WHIP日本記録、沢村賞3回受賞など、多くの記録をのこしている。タイガース永久欠番、背番号10の藤村氏の引退試合が、村山氏のプロ初試合となるため、タイガースで10、11が揃った試合はこのときだけ。現役引退後、タイガースの監督を務めた2年間も背番号10を使用している。

おすすめの記事