「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

巨人の年度別最多セーブと歴代クローザーランキング、ビエイラに期待大

2021 9/6 06:00SPAIA編集部
チアゴ・ビエイラ,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

32試合連続無失点の外国人記録樹立したビエイラ

巨人のクローザー、チアゴ・ビエイラが連続試合無失点の外国人新記録を樹立した。

2日のヤクルト戦で9回に失点し、記録は「32試合」でストップしたが、2011年にソフトバンクのファルケンボーグが記録した31試合の外国人記録を更新。日本人を加えても平良海馬(西武)の39試合、藤川球児(阪神)の38試合、篠原貴行(横浜)の37試合、豊田清(西武)の34試合、比嘉幹貴(オリックス)の34試合に次ぐNPB歴代6位の記録となった。

今季序盤は安定感を欠き、5月4日に登録抹消されたが、同18日の一軍復帰以降は無失点を続けて首脳陣の信頼を取り戻した。9月4日の阪神戦では大山悠輔にサヨナラ本塁打を喫したものの、ここまで46試合登板で1敗16セーブ、防御率2.54と好成績を収めている。

中川皓太、デラロサをクローザーに固定できず

武器は何と言っても平均157.1キロのストレート。「最速」ではない。「平均」だ。

8月13日の中日戦では日本球界最速の166キロをマークするなど、ずば抜けたスピードボールを持つ。さらに平均140.5キロのスライダーは被打率.075と秀逸だ。

クローザーは巨人の懸案事項のひとつだった。最近10年のチーム最多セーブ投手が下の表だ。

巨人の年度別最多セーブ投手


2012年、2013年には西村健太朗、2015年、2016年には澤村拓一が2年連続30セーブ以上をマークしたが、最近3年間は20セーブ以下。2019年は中川皓太が中継ぎ、抑えとフル回転して67試合登板で16セーブを挙げたが、クローザーとして固定されることはなかった。

昨季はルビー・デラロサが17セーブを挙げたものの、今季はアメリカの市民権取得手続きで渡米するため4月に戦列を離れ、6月には左足の違和感で抹消されるなど、ここまで27試合登板で0勝0敗7セーブ8ホールドにとどまっている。

優勝争いが佳境に入ると、試合終盤でリードを確実に守り切るクローザーは不可欠。ビエイラが独り立ちしてくれたことは原辰徳監督も心強いだろう。

歴代最多セーブは角三男とマーク・クルーン

過去を振り返ると巨人には個性的なクローザーが多かった。

巨人歴代クローザーのセーブ数ランキング


歴代最多セーブは角三男とマーク・クルーンの93セーブ。左腕の角はサイドスローに転向してから頭角を現し、1980年には8勝20セーブをマークして最優秀救援投手に輝いた。

クルーンは当時日本最速の162キロをマークした右腕で、横浜から移籍1年目の2008年には41セーブで最多セーブ。3シーズンで計6勝10敗93セーブ、防御率2.57の成績を残した。

81セーブで3位の西村健太朗に次ぐ4位は、80セーブの石毛博史。1993年に30セーブを挙げて最優秀救援投手に輝き、90年代前半のブルペンを支えた。

74セーブで5位の澤村拓一に次いで、6位に名を連ねるのが鹿取義隆だ。巨人時代はタイトルこそ取っていないものの中継ぎ、抑えとして活躍し、通算58セーブ。西武に移籍した1990年は24セーブを挙げて最優秀救援投手に輝くなど、引退までに通算91勝131セーブをマークした。

7位は完全試合を達成した最後の投手として有名な槙原寛己。キャリアのほとんどは先発だったが、現役晩年にクローザーを務めて1998年に18セーブ、1999年に23セーブを挙げるなど計56セーブを記録した。

8位は54セーブのスコット・マシソン、9位で40セーブの河原純一とアルキメデス・カミネロが並んでいる。

ビエイラはクローザーとして長く活躍できるだろうか。まずは今季最後まで安定感を維持することが求められる。

※成績は9月5日現在

【関連記事】
2021年前半戦の12球団クローザー査定、奪三振率最高は誰だ?
巨人の背番号「10」栄光と苦難の歴史、中田翔は活躍できるか?
巨人・坂本勇人がイチローを上回る可能性のある通算記録とは?