「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリックス優勝へ補強着々!3Aで打率4割のランヘル・ラベロ獲得

2021 7/26 14:00SPAIA編集部
カージナルス時代のランヘル・ラベロ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

スパークマンに続きシーズン中に補強

オリックスはドジャース傘下3Aのランヘル・ラベロを獲得したと発表した。背番号は42。

ラベロはキューバ出身の29歳で、身長185センチ、体重106キロ、右投げ右打ちの内野手だ。カージナルス時代の2019年にメジャーデビューし、通算42試合出場で74打数14安打の打率.250、3本塁打、13打点、マイナーでは通算896試合で3186打数961安打の打率.302、70本塁打、509打点の成績を残している。

今季は3Aで91打数37安打の打率.407、8本塁打、27打点。試合数が少ないとはいえ、出塁率は.504、OPSは1.263と高い。

パ・リーグ首位を走るオリックスは、6月にもメジャー4勝右腕のグレン・スパークマンを獲得しており、1996年以来25年ぶりの優勝に向けて補強に余念がない。助っ人野手はモヤが打率.239、7本塁打、26打点、ジョーンズが打率.243、2本塁打、16打点、ロメロが打率.169、3本塁打、9打点と前半戦は物足りない成績に終わっており、ラベロの加入で得点力アップが期待される。

【関連記事】
オリックス37年ぶり11連勝!優勝へメジャー4勝右腕グレン・スパークマンも獲得
パ・リーグ最少三振ランキング、オリックス吉田正尚は驚異の「全コース対応」
オリックス宗佑磨は「走攻守死」で貢献、12球団断トツ12死球の当たり年

おすすめの記事