「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

西武・柘植世那、自分の形を貫き「前半戦よりチームに貢献する」 2021若獅子インタビューvol.15

西武の柘植世那
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武ライオンズ提供

継続して結果残す難しさ感じた1年目

捕手の魅力を「勝敗を左右するポジションなので試合を決められるところ」だと語るのは2019年に5位指名を受け、埼玉西武に入団した柘植世那。小学1年生から野球を始め、高校ではキャプテンを務めた。高校3年時にプロ志望届を提出するも指名漏れとなり、本田技研工業に入社後、Honda鈴鹿野球部に所属。社会人4年目でようやくの指名となった。

プロ1年目の2020シーズンは、17試合に出場して打率.184、2本塁打という成績でシーズンを終え、「プロの世界で、継続して結果を残すことが本当に難しいことだと感じました」と振り返った。

西武の柘植世那


2年目を迎えるにあたり、オフにはスローイングの課題に取り組んだ。Honda鈴鹿での自主練習に参加した際、オリックスの若月健矢捕手に話を聞きながら、体の使い方を学び、数日間の練習を共にした。

若月選手と言えば捕手の中でも守備力に定評のある選手だ。「若月さんからは胸郭のひねりや使い方を教えていただきました。身振り手振り教えていただいて、とても参考になりました」と充実したオフを過ごした。

春季キャンプはケガの影響でB班参加となり、ケガをする前の状態まで戻すことが優先だったものの、キャンプ中盤には回復。それ以降は開幕一軍に照準を合わせた。今シーズンの目標を「スタメンで20試合出場」とし、「出場機会が限られてしまいますが、最小失点で抑えることを一番に考えています」と意気込みを語っていた。

後半戦に向けレベルアップ図る

7月に入り、シーズンも折り返し地点。前半戦でスタメン出場したのは5試合だが、自分の思い描いた試合ができたのは、そのうちの2試合だけだった。交流戦での横浜DeNAベイスターズ戦と中日ドラゴンズ戦。「3点以内で抑えて勝ちましたが、もう少し抑えたいですね」とその2試合も決して満足はしていない様子だ。

いまチームには岡田雅利、森友哉という大きな壁が存在するが、その2人を超えるために柘植は、リード面、スローイング、打力、小技すべてのレベルアップが必要だと考える。

「スローイングはステップ幅と位置、左肩の方向(セカンドベースに向けての方向を一定にする)、投げ終わった後に左に流れないようにすること。リード面では、大きな失敗に繋がらないよう、打者に合っていない球やしっかり低めに来る球を選んでサインを出すこと。

打撃については右肘が離れる癖があったが、くっつけて打つようにしたらいい感触を得たので、それを続けていくこと。小技は作戦指示が出た時に、しっかり決められるように準備をしていくこと。これができるようになれば2人に追いつくことができると思っています」と具体的な課題をあげ、この練習期間中に自分を追い込む予定だ。

西武の柘植世那


後半戦に向けては、「前半戦よりチームに貢献すること、スタメンなど出番のあるときはしっかり結果を残せる準備をしていきたいと思います」と意気込みを語った。

専門的な技術を要する捕手というポジションだが、プロ野球界で目標とする選手は「いない」と断言する。

「技術を盗みたいというよりは、その選手を超えたいという気持ちです。真似をすることは自分の形を崩すことになるので、自分の形を貫きながら、でも周りの意見も取り入れて、それを頭に入れて自分に合うようにしていきたいと思っています」

普段の優しい表情からは想像もできない言葉に、柘植の持つ強い芯がみえた。

(写真は西武ライオンズ提供)


【関連記事】
西武・井上広輝が胸に秘める「一軍でリベンジ」 2021若獅子インタビューvol.14
燃え尽きるまで戦い抜いた松坂大輔の本心、きっかけはイチローだった
“見て盗む”西武・上間永遠が目指すは「一軍で5勝」 2021若獅子インタビューvol.13

おすすめの記事