「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ワカ、待ってるよ!西武・呉念庭と森友哉が若林楽人の“故郷”北海道からエール

2021 7/8 13:20SPAIA編集部
若林楽人のフェイスタオルを掲げエールを送る呉念庭(左)と森友哉(右)
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武ライオンズ提供

手術終えた若林へ故郷から呉と森がエール

西武の若林楽人が左膝前十字靭帯再建術を無事終え、実戦復帰(全治)には9か月程度を要する見込みと診断された。

駒大苫小牧高から駒沢大を経て昨年のドラフト4位で入団した若林は、春季キャンプからアピールを続け、開幕一軍入りを果たした。当初は外野の守備固め及び代走として活躍していたが、主力選手の故障が相次ぎスタメンに抜擢されると、リードオフマンに定着。打率.278、OPS.729の打撃に加え、リーグトップの20盗塁を記録するなどチームを牽引していただけに、本人としても辛い離脱となった。

一方、きょうまでチームは北海道日本ハムファイターズとの2連戦を戦うため、北海道に滞在していた。若林の出身地でもある北海道の地から、仲の良い呉念庭、そして森友哉がエールを送った。

〇呉念庭
まずはワカの手術が無事に終わってよかったなと思います。僕も過去に膝を手術したことがありました。悩み事があったら僕に連絡してください。リハビリ、大変だと思いますが、頑張ってください。ワカ、待っているよ!

〇森友哉
手術が成功して今はリハビリをしているころかと思います。じっくり治してください。それまでチームは何とか粘り強くやっていくので、いい状態で帰ってきてくれることを願っています。ちょくちょくインスタ(Instagram)とかは元気な姿をたまに投稿してくれているので、彼がプレーできる日を楽しみに、ライオンズファンの皆さんもそれまでライオンズのことをしっかり応援してもらえたらうれしいです。

ちなみに2人が持っている「若林楽人」のフェイスタオルは、メットライフドームでの一軍公式戦開催日であればドーム外周の売店(※)にて購入が可能。背番号35がこの地に戻ってくるのはしばらくかかるが、その間「若林楽人」の文字がメットライフドームに踊れば、長いリハビリが始まったばかりの本人にとっても、大きな励みになるだろう。

(※)チームストア 1stベースサイド、チームストア 3rdベースサイド、チームストア 1stベーステラス、チームストア 3rdベーステラス、チームストア オーナーズ の5店舗。

【関連記事】
西武・松坂大輔ついに引退…データで振り返る偉大な功績
西武・平良海馬が160キロを投げられる4つの要因、パワーだけではない理想のフォーム
進学の度に悩んだ野球の道 西武・ブランドン「頑張って良かった」気持ち忘れず恩返し誓う 2021若獅子インタビューvol.10

おすすめの記事