「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

進学の度に悩んだ野球の道 西武・ブランドン「頑張って良かった」気持ち忘れず恩返し誓う 2021若獅子インタビューvol.10

ドラフト6位で入団したタイシンガーブランドン大河
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武ライオンズ提供

開幕戦は足が震えるくらい緊張

ルーキーながら3月26日の開幕戦では、9回から三塁の守備につきプロ初出場、翌日に8番・三塁手でプロ初先発出場を果たした2020ドラフト6位で西武に入団したタイシンガーブランドン大河。

3月30日の日本ハムファイターズ戦に8番・指名打者で出場し、プロ初安打となる1号2ランを放つなど、その日は2安打4打点と活躍したが、そこから波に乗れず5月6日、二軍降格を告げられた。

「開幕戦は最終回から守備について、足が震えるくらい緊張しましたが、開幕を一軍で迎えられたことは貴重な経験で、いいスタートをきれたと思います」と振り返った。

開幕戦の最終回の守備についたブランドン


A班で過ごした春季キャンプでは、辻監督、馬場作戦兼守備走塁コーチ、黒田内野守備・走塁コーチから直接指導してもらった。

辻監督からは「視線を低くしろということと、ハンドリングやグラブさばきについて教えていただきました。三塁手は打球が速いので、それに対応できるようにという意味です。(その2つは)キャンプ期間中に一番言われたことです」と今もその言葉を思い返しながら白球と相対する。

打撃面では「試合の中で、チームが勝つための打撃ができるようになろう」との話から、タイミングの取り方や、追い込まれてからのバッティング、バットの使い方の指導を受けた。どうしても力強く振ってしまうため、少し力を抜いてヘッドの重さを使って柔らかく打つ意識でバットを振る。

活躍の陰にあった両親の支え

小学生時代にサッカーから野球に“転身”したブランドンだが、「何度も野球を辞めようと思ったことがある」と胸の内を明かした。進学の度に悩み、当時はいい成績も出せなかったことも影響。野球が嫌いになりそうな時期があった。

大学時代に地元・沖縄に帰省した際、両親に自分の胸中を告げると「僕が頑張っている姿を見て、(みんなが)頑張れていると聞いたとき、自分自身が情けないな」と申し訳なく思った。「そこで、親孝行してやろうとスイッチが入りましたね」と人生の大きな分岐点がそこであったことを明かした。

プロ入団後も家族とよく連絡を取っており、時には電話もする。野球に詳しくない母だが落ち込んだ時には「そんな日もあるよ」と励ましてくれる。

「一軍の試合で結果を残せたときは“頑張って良かった”と思ったので、その気持ちを忘れずに、ファームでは多くの試合を経験して、頑張って結果を残したいと思っています。またコーチの方々も自分のために時間を割いてくださっているので、しっかり吸収して上達したいです」とプレーでの恩返しを誓った。

笑顔で練習に取り組むブランドン

(写真は西武ライオンズ提供)


【関連記事】
目標は“トリプルスリー”西武・長谷川信哉は「結果をだすこと」に重点置く新米野手 2021若獅子インタビューvol.8
【西武】5月ベストプレー賞の投票が本日開始 平良海馬の推薦は交流戦初セーブに繋がったあのプレー
西武の強心臓ルーキー・水上由伸「四球で崩れることはない」制球力と強気な投球で更なる高み目指す 2021若獅子インタビューvol.5

おすすめの記事