「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【予告先発】ロッテ3カードぶりの勝ち越しへ佐々木朗希が3度目の先発 本拠地初勝利目指す

2021 6/10 11:00SPAIA編集部
6月10日予告先発インフォグラフィックⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

本拠地初勝利目指す佐々木朗希

6月10日予告先発インフォグラフィック


ZOZOマリンスタジアムで行われているロッテ-ヤクルト戦は1勝1敗の五分で3戦目へ。3カードぶりの勝ち越しを目指すロッテは、佐々木朗希がプロ3度目の先発マウンドに上がる。

前回登板(5月27日の阪神戦)では、5回94球7安打4失点。味方の援護もあり、プロ初勝利を挙げた。そこから中13日を空けて、今度は本拠地初勝利を目指す。

ここまでの登板ではストレート、スライダー、フォークの3球種のみで勝負している。ストレートは平均151.1キロを記録しており、期待通りの剛球を披露。また、フォークに関しても空振り率16.7%で、10個の三振のうち6個をこの球種で奪うなど、決め球として威力を発揮している。

これまでの2度の登板はいずれも5回4失点で降板し、1勝1敗。今回の対戦相手は、阪神に負けない得点力を誇るヤクルト打線。今度は味方の援護に関係なく、自らの力で勝利を手に入れる投球を見せたいところだ。

ストレートの威力抜群のサイスニード

一方、ヤクルトの先発は新外国人のサイスニード。ここまで3試合に先発して1勝1敗、防御率5.65。前回登板3日の楽天戦では、5回6安打3失点で来日初黒星を喫した。

武器は平均147.9キロを記録するストレート。投球の6割以上を占めており、被打率は.167を誇る。また、奪三振率9.42とイニングを上回る三振を記録しているが、その8割以上をストレートで奪っている。

課題は投球イニング数だ。ここまでの最長が5.1回で、まだQS(6回以上自責点3以下)どころか6回を投げ切ったことすらない。与四球率4.40が示すように四球が多く、球数がかさんでしまっているのも、長いイニングを投げられない要因の1つだろう。

ロッテは12球団トップの239四球と選球眼が良い打線だけに、これまでと同じ投球が続くようだと、早い回で降板を余儀なくされる可能性が高い。助っ人右腕の真価が問われる登板となりそうだ。

その他の試合の予告先発は以下の通り。

日本ハム・アーリン-阪神・アルカンタラ(札幌ドーム)
楽天・瀧中瞭太-中日・勝野昌慶(楽天生命パーク)
西武・内海哲也-DeNA・坂本裕哉(メットライフドーム)
オリックス・山﨑福也-巨人・髙橋優貴(京セラドーム大阪)
ソフトバンク・レイ-広島・玉村昇悟(PayPayドーム)

【関連記事】
得点力No.1のロッテ打線牽引する荻野貴司はパ・リーグで最もしぶといリードオフマン
陽岱鋼、岩田稔、雄平…今季まだ一軍出場がないセ・リーグの大物選手たち
なぜヤクルト村上宗隆は三振が多いのに打率と本塁打の両立が可能なのか?

おすすめの記事