「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

難攻不落のオリックス・山本由伸を攻略するための狙い球3球種

2021 3/19 11:00占部大輔
オリックス・山本由伸ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

死角なし!両リーグトップの被打率.185

昨季、両リーグトップとなる被打率.185を記録し、149奪三振でパ・リーグ最多奪三振のタイトルに輝いたオリックス・山本由伸。防御率はリーグ2位の2.20だったが、tRA(真の失点率)2.27、FIP(真の防御率)2.24、WHIP(1イニングあたりに許した出塁数の指標)0.94、K-BB%(奪三振割合から与四球割合を引いた指標)0.23はいずれもリーグ1位だ。

メジャーのスカウトからの評価も高く、一部では巨人・菅野智之よりも評価が高いと報道されているほどである。

各球種の数字も圧巻だ。全球種の被打率が.250以下で、ストレート以外の球種で本塁打を打たれていない(SPAIA参照=https://spaia.jp/baseball/npb/player/1600153)。

オリックス山本由伸の球種割合


さらに、投球割合の上位3球種にあたるストレート、フォーク、カーブの空振り奪取率(10%超で優秀とされる)は全て10%を超え、順に11.3%、26.4%、12.4%となっている。この3球種だけで投球全体の73.4%を占めるのだから、打者にとっては脅威でしかない。

極めつきはスライダーだ。全体の4%しか投じていない球種であるものの、その空振り奪取率は驚異の30.4%を誇り、奪三振の10.1%はスライダーによるものだ。

23歳の若さで、日本球界で最も攻略が難しい投手の一人となった山本由伸。この最強投手を打ち崩すことはできるのだろうか。

低めのボール球を振らせる投球術

山本由伸の特筆すべき点は、質の高いボールだけではない。打者から空振りを奪った際のヒートマップ(SPAIA参照)から、その卓越した投球術が見えてきた。

オリックス山本由伸のヒートマップ


ヒートマップから、山本由伸が奪った空振りの多くは低めのボール球だとわかる。このほとんどが、ストライクゾーンからボールゾーンに落ちるフォークやカーブではないだろうか。

フォークやカーブの性質上、ストライクゾーンからボールゾーンに逃げるボールはワンバウンドしやすいため、バットに当てることは困難を極める。

打者にボール球を高い確率で振らせることができる技術は、山本由伸が打ち崩されないもうひとつの要因と言えるだろう。この投球術が、最多奪三振の原動力となったのは間違いない。

狙い球はファストボール系

ほぼ完璧とも言える数字が並ぶ山本由伸だが、狙い球が全くないわけではない。かなり難しいのは間違いないが、狙い球はストレート、カットボール、シュートのファストボール系に絞ることができる。

この3球種は被打率が.200を超えており、ストレートは全球種の中で唯一被弾している球種で、カットボールとシュートは空振り奪取率が10%を割っている。何よりも球速差が5km/h程度で、カットボールやシュートは変化量も小さく、ストレートとほぼ同じタイミングで捉えることができるため、フォークやカーブに比べるとアジャストしやすい。

しかし、変化量が小さく同じ球速帯とはいえ、カットボールやシュート自体がストレートと同じタイミングで振らせて、芯を外して凡打を稼ぐ球種なので、バットに当てることはできても簡単に攻略できるわけではない。そのため「ファール前提で打つ」ことが必要となってくる。

よくプロ野球解説者が「ファストボール系の変化球はフェアゾーンに打とうとすると詰まるから、ファールになる前提で打つ必要がある」と解説している。要するに、ストレートに多少振り遅れてファールになってもいいから、自分の懐に呼び込んで逆方向に引っ張るイメージで打つことが、ファストボール系の変化球の攻略方法ということだ。

さらにファストボール系の変化球の性質上、コースを攻め切れなかったボールは、振り抜けば外野の前に落ちるポテンヒットになりやすい。地味な攻め方かもしれないが、この3球種だけで投球全体の58.9%を占めているので、他の球種はある程度割り切って捨てる必要があるだろう。

ただ、狙い球を絞ったところで、規格外のボールばかりが投じられる現実は変わりないので、対山本由伸は、いかにして少ないチャンスをモノにし、1点を守り切るかが重要になってくる。

より一層厳しくなる他球団のマークをさらに圧倒的な力で退けることができるのか、最強投手・山本由伸の今季の投球にも期待したい。

【関連記事】
MVPの巨人・菅野智之が埋めるべき最後のピースは「左打者のインハイ」
ソフトバンク千賀滉大が変える野球の常識「三振奪えばお構いなし」
藤浪晋太郎と大谷翔平が目玉だった2012年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?

おすすめの記事