「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリックス・山本由伸、高卒5年目での大台突破も「やることはたくさんある」 1億5000万円で更改

2020 12/15 19:35SPAIA編集部
オリックス・山本由伸 オリックス・バファローズ提供
このエントリーをはてなブックマークに追加

オリックス・バファローズ提供

高卒5年目投手としては球団初の大台突破

オリックス・山本由伸が12月15日、6000万円アップの推定年俸1億5000万円で契約を更改。高卒5年目での大台突破はイチロー以来、投手としては球団史上初の快挙となった。

「しっかり投げたことに関して評価してもらった。最後離脱してしまったので、(球団からは)来年は本当に1年通して頑張ってほしいと言われました。しっかり評価していただいたので、来季も頑張ろうという気持ちです」

今季は18試合に先発し、自己最多タイの8勝(4敗)を挙げた。防御率2.20はリーグ2位、奪三振数149はソフトバンクの千賀滉大と並びリーグトップの好成績を収めたが「調子の悪い試合が1か月くらい続くこともあった中で、数字としてはまとまったのかなという気持ちもあるが、もっともっとできたという気持ちの方が大きい」と本人は満足していない。

また、「1年全試合投げることを目標にしていたので、最後投げられなかったことは残念」とシーズン終盤で離脱してしまったことに悔しさをにじませていた。

体重移動改善し奪三振王に

今季は投手4冠(最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率)を目標に掲げていた中で、最多奪三振を獲得。8月には25イニング連続奪三振を記録し、日本人最長記録を更新するなど、奪三振の目立つシーズンとなった。

その要因について「去年までは空振りを取る真っすぐはそんなになかった」ため、昨オフから体重移動の改善に取り組んでいたという。「(今季は)ストレートに強さや伸びがでて、空振りが増えた。その分変化球もすごく有効になった」ことがタイトル獲得へとつながった。

来季の目標もタイトルを取ることに変わりはない。その目標に向けての課題として、1年通して調子を落とさないことを挙げた。

「いいピッチャーは毎試合いいピッチングをする。(自身は)いいピッチングをする試合もあるが、調子の悪い試合もすごく多い。調子の波があるので、(調子の)いいところで波を小さくキープしていきたい」

来季に向けて「やることはたくさんある」と語るように、まだまだ発展途上の22歳。既にトレーニングも再開しており、オフも休まずに動き続ける予定だ。今季の悔しさを糧に「1年間絶好調でいきたいと思います」とさらなる飛躍を誓った。(金額は推定)

【関連記事】
オリックスは即戦力不在も高卒の宮城大弥と紅林弘太郎が順調スタート【12球団ルーキー通信簿】
オリックス山本由伸は江夏豊や野茂英雄より上?通算奪三振&K/9ランキング
選手分析 ~オリックス #34 吉田 正尚~「球団史上最高の首位打者」

おすすめの記事