「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2000年代におけるMLBドラフト全体1位は誰だった?

2017 7/10 10:25cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mr3002/Shutterstock.com

2017年現在でチームの中心選手になっているのが、2000年代のドラフト指名選手だ。全米を代表する選手も多く含まれる。そんな、2000年代の全体1位を見ていこう。

2000年代のドラフト1位指名選手は誰がいた?

2000年代のドラフト全体1位指名選手は、2016年現在でも現役で活躍している選手が多い。メジャーリーグファンなら1度は聞いたことがあるであろう選手も存在する。
指名された10人の契約はすべて成立し、入団拒否する選手は1人もいなかった。また、半分の5人が2016年終了時点でオールスターゲームにも出場を果たしている。

【2000年代全体1位選手一覧】
2000年:エイドリアン・ゴンザレス(フロリダ・マーリンズ)
2001年:ジョー・マウアー(ミネソタ・ツインズ)
2002年:ブライアン・バリントン(ピッツバーグ・パイレーツ)
2003年:デルモン・ヤング(タンパベイ・デビルレイズ)
2004年:マット・ブッシュ(サンディエゴ・パドレス)
2005年:ジャスティン・アップトン(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)
2006年:ルーク・ホッチェバー(カンザスシティー・ロイヤルズ)
2007年:デビッド・プライス(タンパベイ・デビルレイズ)
2008年:ティム・ベッカム(タンパベイ・レイズ)
2009年:スティーブン・ストラスバーグ(ワシントン・ナショナルズ)

2000年:巨人に在籍したエドガーの兄エイドリアン・ゴンザレス選手

2000年のドラフトで全体1位指名を受けたのは、エイドリアン・ゴンザレス選手だった。ゴンザレス選手はフロリダ・マーリンズ(現マイアミ)に入団後、デビュー前にトレードされテキサス・レンジャーズへ移籍した。レンジャーズでデビュー後2年でサンディエゴ・パドレスへ移籍。ここで開花したのだ。
打者が不利とされているパドレスの本拠地ペトコ・パークで、4年連続30本塁打以上をマーク。リーグを代表する強打者へと成長する。その後、ボストン・レッドゾックスを経て、現在はロサンゼルス・ドジャースでプレー。兄は巨人でもプレーしており、WBCでメキシコ代表の監督も務めているエドガー・ゴンザレス選手だ。

2001年:イチロー選手と首位打者争いを演じたジョー・マウアー選手

ジョー・マウアー選手は、学生時代にはアメリカンフットボール、バスケットボールでも活躍。野球では世界選手権代表に選ばれ、アメフトではクオーターバックとして年間最優秀オフェンス賞を獲得。バスケットボールでは、州選抜に選出されるなど「三刀流」として注目を集めていた。
しかし、ミネソタ・ツインズから全体1位指名を受けて野球に専念する。2004年にメジャーデビュー以降、高打率をマークし、2006年、2008年、2009年と3回の首位打者を獲得。イチロー選手ともデッドヒートを繰り広げている。
移籍の多いメジャーリーグだが、マウアー選手は入団以来ツインズ一筋のフランチャイズプレーヤーとして人気を博している。日本でも熱心なファンから「ジョー様」の愛称で呼ばれるなど、非常に親しまれている。

2002年:日本でにやって来てから開花ブライアン・バリントン選手

2002年のドラフトで全体1位指名されたのは、ブライアン・バリントン選手だった。後に日本の広島東洋カープにも在籍している。2005年にメジャー昇格を果たすが、1試合のみの登板で肩を故障。翌2006年は、故障のリハビリで登板はない。2007年に復帰するが、勝ち星を挙げることができず、クリーブランド・インディアンズへ移籍する。
その後もトロント・ブルージェイズ、カンザスシティー・ロイヤルズなどへ移籍。メジャー通算で1勝のみに終わり、2011年に広島にやって来る。広島では4年間在籍し、2ケタ勝利を2度達成するなどチームに貢献した。広島在籍時には、たびたび家族との写真が報道で取り上げられ、家族仲睦まじいことでも知られていた。

2009年:史上最高の投手!スティーブン・ストラスバーグ選手

2009年にワシントン・ナショナルズから全体1位指名を受けたのは、スティーブン・ストラスバーグ選手だった。ストラウスバーグ選手は2008年の北京五輪にアマチュア選手として唯一のアメリカ代表に選出されるなど、アマチュア時代から大きな期待を集めていた。
ドラフト史上最高の投手とも称され、代理人が高額契約金を要求するスコット・ボラス氏ということもあり契約難航が予想された。結局、MLB史上最高額となる4年総額1510万ドルでの契約でナショナルズに入団する。 2010年にメジャーデビューを果たすが、ヒジを痛めトミー・ジョン手術を経験。2012年に復帰し、2014年には最多奪三振を獲得するなど、2016年までに69勝を挙げる活躍を見せている。

まとめ

2000年代のドラフト全体1位指名選手は、2017年も現役で活躍している選手が多く、さらなる活躍があるかもしれない。 また、バリントン選手のように日本で花開くケースもある。 ドラフトで、最も多くスポットライトを浴びた選手たちのその後を追うのも、野球の楽しみ方のひとつだ。

おすすめの記事