1990年代におけるMLBドラフト全体1位は誰だった?|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

1990年代におけるMLBドラフト全体1位は誰だった?


野球ボール

Photo by Wayne0216/Shutterstock.com

2017年現在で現役選手が僅かに残っているのは、1990年代のドラフト選手だ。数少ない現役選手の中に「全体1位」指名選手も含まれている。今回はその1990年代の全体1位を紹介する。

1990年代のドラフト全体1位指名選手は誰がいた?

1990年代にドラフト全体1位で指名された選手の多くは、既に引退している。2016年終了時点で現役なのは、ジョシュ・ハミルトン選手ただ1人だ。しかし、チッパー・ジョーンズ選手、アレックス・ロドリゲス選手と球史に名を残す選手も指名されており、印象度は高くなっている。

【1990年代全体1位選手一覧】
1990年:チッパー・ジョーンズ(アトランタ・ブレーブス)
1991年:ブリエン・テイラー(ニューヨーク・ヤンキース)
1992年:フィル・ネビン(ヒューストン・アストロズ)
1993年:アレックス・ロドリゲス(シアトル・マリナーズ)
1994年:ポール・ウイルソン(ニューヨーク・メッツ)
1995年:ダリン・アースタッド(カリフォルニア・エンゼルス)
1996年:クリス・ベンソン(ピッツバーグ・パイレーツ)
1997年:マット・アンダーソン(デトロイト・タイガース)
1998年:パット・バレル(フィラデルフィア・フィリーズ)
1999年:ジョシュ・ハミルトン(タンパベイ・デビルレイズ)

1990年:ブレーブスの象徴になったチッパー・ジョンズ選手

アトランタ・ブレーブスが、1990年にドラフト全体1位指名で手に入れたチッパー・ジョーンズ選手。この選手がいなければ、1990年代の黄金時代はなかったと言えるほど大活躍した。レギュラーとなった1995年から2005年まで11年連続で地区優勝。3度のリーグ優勝、ワールドチャンピオンにも1度輝いている。
スイッチヒッターとして、メジャーリーグ史上歴代3位の468本塁打を放つなどブレーブスの象徴として活躍。日本にもやって来たアンドリュー・ジョーンズ選手と「2人のジョーンズ」としてブレーブスの黄金時代を支えた。2012年シーズンで引退したジョンズ選手の背番号「10」は、ブレーブスの永久欠番に指定されている。

1992年:3割30本100打点をマーク!フィル・ネビン選手

1992年にドラフト全体1位でヒューストン・アストロズから指名されたのは、フィル・ネビン選手だった。ネビン選手は、アメリカ代表としてバルセロナ五輪にも参加しており、注目度の高い選手だった。
1995年にメジャーデビューを果たすが、翌1996年にデトロイト・タイガース、1998年にアナハイム・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス)、1999年にサンディエゴ・パドレスとチームを転々としていた。
4チーム目となったパドレスで開花し、2000年、2001年には2年連続で3割、30本塁打、100打点をマーク。しかし、これ以降はケガもあり、大きな実績を残すことなく2006年に現役を引退している。

1993年:超大型契約締結:アレックス・ロドリゲス選手

1993年のドラフト全体1位は「A-ROD」ことアレックス・ロドリゲス選手だった。シアトル・マリナーズから全体1位で指名を受けたロドリゲス選手は、1994年に18歳でメジャーデビューを果たす。1996年に遊撃手のレギュラーを確保すると、打率.358で首位打者を獲得。2000年シーズンまでマリナーズを中心選手として引っ張る。
その後、テキサス・レンジャーズと10年2億5200万ドルで契約を結び移籍。2004年にはニューヨーク・ヤンキースへ移籍し、三塁へコンバートされ、デレク・ジーター選手と史上最高とも言われる三遊間を形成した。2007年オフには既存の契約を破棄し、新たに10年2億7500万ドルの超大型契約を締結。世間を驚かせた。
その後、薬物使用の疑惑などもありながら2016年に現役を引退。通算本塁打は696本塁打で歴代第4位となっている。

1999年:何かと話題のジョシュ・ハミルトン選手

1999年のドラフト全体1位でタンパベイ・デビルレイズから指名されたのは、ジョシュ・ハミルトン選手だった。ハミルトン選手はアルコール依存症、薬物使用などさまざまなトラブルがあり、メジャーデビューはシンシナティ・レッズに移籍後の2007年だった。
デビュー年に90試合、打率.292、19本塁打、47打点の成績を残したハミルトン選手は、2008年にテキサス・レンジャーズへ移籍する。レンジャーズでは移籍初年度に打点王、2010年には首位打者に輝くなどチームに貢献した。
しかし、2012年の終盤戦でハミルトン選手の失策が原因でチームは敗戦し、優勝を逃したことがあった。このようにハミルトン選手は波乱万丈の選手生活を送った。

まとめ

チッパー・ジョーンズ選手、アレックス・ロドリゲス選手といったメジャーリーグ史に残る選手も全体1位だったのだ。 アマチュア時代から活躍し、メジャーでも大成功を収めた選手は、想像を絶するような努力をしてきたことだろう。 すでに多くの選手が引退しているが、第二の人生を楽しんでもらいたいものだ。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!